ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィーン少年合唱団が来日中、プライベートで聴く曲はアデル、リアーナ、マルーン5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、ジャパン・ツアー中のウィーン少年合唱団に日頃どんな音楽を聴いているのかインタビューをおこなった。

 ウィーン少年合唱団は1498年にウィーンの王宮礼拝堂のための聖歌隊として誕生。現在10歳から14歳まで約100名の少年が在籍し、アウガルテン宮殿の中にある寄宿舎で生活しながら、合唱や個人レッスンなど日々練習を積み重ねている。そしてウィーンでの活動に加え、4つのグループに分かれて年間約300回の海外公演を開催し、天使の歌声”で世界中を魅了している。

 そんな彼らもステージをひとたび降りると、サッカーや水泳など体を動かすことが大好き。日本でもツアーの合間を縫ってゲームセンターで太鼓のゲームに挑戦したり、ボブスレーを体験したりと元気いっぱいだ。プライベートで聴く音楽について質問すると、アデル、リアーナ、アリアナ・グランデ、マルーン5など他の10代のこどもたちと変わらない答えが返ってきた。来日公演でも、宗教音楽やクラシックに加え、映画音楽やJ-POPなど幅広いラインナップで様々な表情を楽しませてくれる。2016年のジャパン・ツアーは6月19日まで。

◎Apple Music「ウィーン少年合唱団にインタビュー」
01. アリアナ・グランデ「フォーカス」
02. Cro「Meine Zeit」
03.マルーン5「シュガー」
04. トウェンティ・ワン・パイロッツ「ストレスド・アウト」
05.アヴィーチー「ウェイティング・フォー・ラヴ」
06.アデル「スカイフォール」
07.Timmy Trumpet「Freaks」
08.ウィズ・カリファ「シー・ユー・アゲイン」
09.アラン・ウォーカー「Faded」
10.リアーナ「ワーク」
11.アリアナ・グランデ「ブレイク・フリーfeat.ゼッド」
12.Jetta「I’d Love to Change the world」
13.フィフス・ハーモニー「スレッジハンマー」
14.アデル「Hello」

applemusic.com/billboard-japan

◎公演情報
【Canon Presents ウィーン少年合唱団】
来日期間:4月25日(月)~6月19日(日)
主催:ジャパン・アーツ / フジテレビジョン / TOKYO FM 
後援:オーストリア大使館 / オーストリア政府観光局
特別協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
協力:ユニバーサル ミュージック / ウィーン少年合唱団ファンクラブ

関連記事リンク(外部サイト)

ウィーン少年合唱団が来日、「困難な時こそ、音楽が力となれれば」
サイモン・ラトル&ベルリンフィル来日記者会見「ベートーヴェンを指揮することは自分を鏡で見るようなもの」
東京の夜空にホルスト「木星」が鳴り響く、LFJ2016いよいよ開幕

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP