ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“人類史上最強のDJ”デヴィッド・ゲッタがUEFA EURO 2016公式テーマソング『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』を5月13日にリリース!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“人類史上最強のDJ”デヴィッド・ゲッタがUEFA EURO 2016公式テーマソング『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』を5月13日にリリース!

 国際的DJ/音楽プロデューサーのデヴィッド・ゲッタが、楽曲の一部を100万人以上のファンと共にレコーディングしたUEFA EURO 2016の公式ソング『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』を、5月13日にデジタル・リリースする。

 欧州サッカー連盟(UEFA)のEURO 2016の音楽大使であるデヴィッド・ゲッタは、2015年12月、音楽ファンとサッカーファンに向けて団結し、UEFAが制作したオンライン・アプリを通してシュプレヒコールをレコーディングしようと呼びかけた。そのファンによってレコーディングされたものが、UEFA EURO 2016公式テーマソングであるゲッタの新曲『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』にフィーチャーされている。

 楽曲のリリースにあたり、UEFAとデヴィッド・ゲッタが、公式ソングのためのレコーディングに参加してくれた100万人のファンに「ありがとう」とのコメントを発表した。

【デヴィッド・ゲッタからのコメント】
「僕と一緒にレコーディングしてくれた一人一人に、心からお礼を言うよ。これは本当に、他では見られないコラボレーションだ! 僕はとても特別なことに挑戦したかった。そして、ファンをUEFA EURO 2016ソングの中心に据えたかったんだ。僕が100万人の音楽ファンとサッカーファンに一緒にレコーディングして欲しいとお願いした時、ファンがどんな反応をしてくれるかは分からなかった。でも世界中からの支援は、本当に素晴らしいものだった。あとは僕がミックスするだけだ!!」

【UEFAのマーケティング・ディレクター、ローレント・エピステインからのコメント】
「我々は、音楽とサッカーには人々の強い感情を喚起するという共通のDNAが存在するおかげで、重要な繋がりがあることを知っていました。ですが、この曲はその繋がりが非常に強力であることを示しています。デヴィッド・ゲッタはこの地球上で最も多くのファンがいる音楽プロデューサーの一人です。そしてこのコラボレーションは、世界中のファンに、今年の大会において非常にユニークな空間となるものを作ることに参加する機会を与えたのです。今年のEUROは、24チームが出場し、20億人のファンに応援される過去最大規模ものとなるでしょう。100万人以上のファンがこの曲を作るのを手伝ったと発表できるのは、本当に格別です。」

 『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』は、UEFA EURO 2016の開会式と閉会式、および6月9日にパリのエッフェル塔の下のthe Champ de Marsで開催される無料コンサートにて、デヴィッド・ゲッタによってパフォーマンスされる予定になっている。またこの曲は、TV放映用に開会式と閉会式の模様を含めて大会の間中使用される。ファンのレコーディング部分は、ゴールを祝う特別な音楽の一部としても使われ、スタジアムでゴールがきまる度に流されることになる。

◎リリース情報
『ディス・ワンズ・フォー・ユー!』 
デヴィッド・ゲッタ
2016/5/13 RELEASE
iTunes:http://apple.co/1TcnE7R

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ゲッタが【UEFA EURO 2016】本大会用の公式球を公開
ジャスティン・ビーバーがデヴィッド・ゲッタとクラブのDJブースで共演
ジャスティン・ビーバー 【パーパス・ワールド・ツアー】の日本公演が遂に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。