ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の観光地!「ノイシュヴァンシュタイン城」への行き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Satomi「2012夏ミュンヘン旅

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

ヨーロッパ、ドイツには美しい城がたくさんあります。その中で、人気度、魅力度で横綱級の城といえばノイシュヴァンシュタイン城ではないでしょうか。テレビの旅行番組でもよく紹介される城なので、知っている方も多いはず。今回は、ノイシュヴァンシュタイン城について、わかりやすく解説します。

ノイシュヴァンシュタイン城とは?

まずは、ノイシュヴァンシュタイン城の基本情報から。歴史的背景や人気の理由を解説していきましょう。

一人のオタクが作り上げた城

ノイシュヴァンシュタイン城は一見すると、とても古い城に見えます。ところが、この城が建てられたのは19世紀。日本でいうと明治時代になります。ヨーロッパのお城の中では比較的新しい城なのです。

この城を建設したのはバイエルンの王様であったルートビッヒ2世。彼は、中世の騎士道に憧れたオタクでした。きっと、頭の中の世界では飽きてしまったのでしょう。「中世の城を建てたい」というすばらしいファンタジーによって、1869年に建設が開始されました。

城はできずに、軟禁される

ルートビッヒ2世の妄想がそのまま活かされたので、ノイシュヴァンシュタイン城は非実用的な城でした。工事もなかなか進まず、最終的には未完成で終わったのです。ルートビッヒ2世はこの城に102日間だけ滞在。しかし、側近たちがルートビッヒ2世のやり方に呆れて、彼をベルク城に軟禁してしまいました。そして今日では、完成している部分だけ公開されているのです。

なぜ、オタクが作った城が人気なのか

それでは、なぜオタクが作った城が人気なのでしょうか。それは、ディズニーランドと関係があります。ディズニーランドのシンデレラ城とノイシュヴァンシュタイン城の写真を見比べてください。どこか似ていると思いませんか?。実は、シンデレラ城のモデルはノイシュヴァンシュタイン城だと言われています。その影響で、ノイシュヴァンシュタイン城は世界で有名な城となったわけです。

ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)
住所:Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau, Germany
公開時間:8:00~17:00(3月19日~10月15日)、9:00~15:30(10月16日~4月9日)
休業日:1月1日、12月24日、25日、31日
入場料:12ユーロ(大人)、11ユーロ(学生、65才以上の方、障害をお持ちの方)、無料(0才~18才)
1.8ユーロ(予約手数料)
電話:+49 8362 930830
ホームページ:http://www.neuschwanstein.de

Photo credit:Nee「ドイツ クリスマスマーケット巡り

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP