体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の能力を最大化できる場所を求めてーー逆境を力に変えた、松岡美幸の不屈の精神

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、リクルートエージェントでキャリアアドバイザーをつとめる、松岡美幸のストーリーをお届けします。

 

人見知りでコミュニケーションが苦手。逆境に絶え続けた学生時代

周りと同じように決められたステップがない社会人にとって、「転職」は大きな転機になるものです。そんな“人の転機”に携わりたいと、人材業界にに足を踏み入れたキャリアアドバイザー、松岡美幸。しかしこの場所にたどり着くまでの彼女の人生は、転機を超えた波乱の連続でした。 

「正直なところ、小学校から高校を卒業するまで、人とうまくいってなかった期間の方が長かったですね。小さいときから人見知りな上に、ナナメに世の中を見ているような、ちょっと卑屈な思考回路だったので(笑)。クラスメイトとも、先生をはじめ大人ともうまく付き合えなくて、当時はそこから逃げることしか考えていないような、暗い性格の子どもでした」(松岡)

周囲とどうすればいい関係が築けるのか……彼女は人見知りな性格ゆえに、その方法やきっかけをうまくつかめないまま、殻に閉じこもった学校生活を送っていました。

さらに彼女にとっての試練は、学校だけでなく家庭でも訪れました。松岡が高校2年生のとき、父親が自分の事業を畳み、さらには両親が離婚をすることに…。とても大学に行きたいといえる状況ではなくなり、彼女はすぐに手に職をつけるため、学費の安い地元の看護学校へ入ることを考えたそうです。

しかし、松岡はここではじめて「逃げない」道を選びました。彼女の反骨精神は、以降その存在感を存分に発揮していくことになります。

「こんなことで、自分の人生を決められたくない、そう思ったんです。そこで高校卒業後は家計を助けつつ、自分の受験にかかるお金や入学費、授業料などを稼ぐために、丸2 年間、必死でアルバイトをしながら勉強をする生活を続けました。その後、自らアルバイトで貯めたお金で大学に入ったんです」(松岡)

フリーターをしていた2年間と、自力でこぎつけた念願の大学生活。そこで過ごした時間のおかげで、松岡は「どんなに逆境にぶち当たっても、逆境に負けずに努力を続ければ何とか乗り越えられる、というポジティブな考えを持てるようになった」といいます。

「大学の同級生が、裕福な家庭で育った人ばかりだったんですよね。私にとってはそういう人たちの素直さや、心の豊かさが心地よかったんです。私の話を否定するのではなく、きちんと耳を傾けてくれて、素直に受け止めてくれる……“心の栄養”をたっぷり持っているというか。私もそうやって誰かに栄養を与えられる側になりたいとしみじみ感じるようになりました」(松岡)

大学生活を通じて、ようやくポジティブな気持ちを持てるようになったーーそんな松岡が、将来の道として最初に興味を持ったのはブライダル業界でした。きっかけは親族の結婚式だったか、何かのTV番組だったか……何気なく目にとまった仕事でしたが、彼女がひかれたのはそのストイックなプロとしての姿勢でした。

「結婚式はその人にとって一生に1回しかありません。だから、その1回を失敗してしまうわけにはいかないじゃないですか。とても責任のある、プロフェッショナルの仕事。だから自分もやってみたいと思ったんです」(松岡)

人生の節目、転機に関わるプロ意識が求められるストイックな仕事。後に彼女の人生を大きく左右するキーワードが、このときはじめて浮かび上がりました。

f:id:carraria:20160510000756j:plain

熱望した営業職につけず、「認められていない」と焦る日々

強い想いを持ってチャレンジしたブライダル業界への就職活動。しかしそれはなかなか険しい道であり、松岡は残念ながら志望していたブライダル企業の内定にこぎつけることができませんでした。

そうしているうちに、松岡は「働くとは何か」自体について考えるようになり、雇用や労働市場に興味を持つようになっていきます。

「大学で学んでいた国際政治経済とも、人材業界がリンクしました。働くことに対する海外の価値基準を勉強しているなかで、責任感を持ってしっかり働き、そこからやりがいを見出せることこそ、日本人の価値だと思うようになったんです。そしてそれを活かすのが日本の経済なのではないか、と」(松岡)

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。