ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KEYTALK、エネルギッシュな“夏・盆DANCE(ボンダンス)”を披露した新作MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KEYTALKが5月18日にリリースする8thシングル「MATSURI BAYASHI」。その表題曲のMVを公開した。

「MATSURI BAYASHI」は寺中友将が作詞・作曲した初のシングル表題曲であり、卓越したポップセンスが弾けるエネルギッシュなお祭りナンバー。MV監督は、7枚目のシングル「HELLO WONDERLAND」から2作連続となる大久保拓朗が担当している。

MVのコンセプトは、日本古来の夏祭りの情緒と踊るロックを表現したライヴとの融合。エネルギッシュなお祭りナンバーをKEYTALK流の“夏・盆DANCE(ボンダンス)”で表現した。撮影はスタジオに夏祭りさながらの櫓(4間×3間、高さ5.2m)を組み、派手な演出をするためにムービングライトを導入、半被を纏ったボンダンサー72名を動員して敢行。振り付けは電撃チョモランマ隊のQ-TARO。覚えやすく、ライヴで底抜けに明るく楽しく踊れる振付となっている。

彼らの演奏シーンは普段のステージでの魅力を感じられるよう、またボンダンサーとの融合でKEYTALKのライヴの楽しさが十二分に表現できるよう撮影された。テイクを重ねる中、楽しさへの追及が強い連帯感を生みだし、スタジオ内はライヴさながらの熱気に包まれ、汗だくで撮影は終了したという。

「MATSURI BAYASHI」MV
https://youtu.be/VK7y85uNevg

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP