ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栃木の名物郷土めし「しもつかれ」コンテストに行ってきた!【観光情報付き】

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:Meshi2_Writer:20160225193528j:plain

ご覧ください、この美しい山々!

ここは日光連山を間近に眺められる、

栃木県は日光市、今市(いまいち)エリア。

f:id:Meshi2_Writer:20160225193604j:plain

新宿から電車で1本、下今市(しもいまいち)駅には約1時間45分で着きました。

案外近くてビックリ!!

f:id:Meshi2_Writer:20160225193819j:plain

降りるとすぐに、駅からさっきの日光連山が見られて気持ちよかったなー!

さて、なぜこの今市を訪れたかというと……

こちらのイベントの取材だったのです!

f:id:Meshi2_IB:20160422110840j:plain

「第16回 全日本しもつかれコンテスト」!

栃木の郷土めし、「しもつかれ」を知っていますか?

とにもかくにも、まずは会場に入ってみますよー!

f:id:Meshi2_IB:20160422112035j:plain

おお、会場は人であふれんばかり!

f:id:Meshi2_IB:20160422112207j:plain

会場後、30分経ってもまだまだ入りきれない人が列を成し、外までその行列は続いていました。なんと開始2時間前から行列が!

今市の人々、みんなこのイベントを楽しみにしてるんだなあ……(゚Д゚;)

ところで、What’s しもつかれ?

さて、こんなにも愛される料理、「しもつかれ」とは……???

f:id:Meshi2_Writer:20160225194255j:plain

ちょっと汁気の多いポテサラのように見えますが、栃木でずっと食べ継がれてきた、伝統の料理です。

【基本的な材料】

・塩鮭の頭

・大豆

・ダイコン

・ニンジン

・油揚げ

・酒粕

これらがたーーーっぷり入った、煮込み料理なんですよ! 体にいいものばっかり。

【料理の由来】

初午(はつうま)の日(2月の最初の午の日)に、神様にささげる料理として作られてきたもの。現在では道祖神(ごく簡単にのべると、お地蔵さまなど)や、お稲荷様に捧げられることが多いよう。鎌倉時代前期の説話集『宇治拾遺物語』にも登場する、大変に長い歴史のあるものです。

f:id:Meshi2_Writer:20160314101556j:plain

こちらが、今市の方が実際に「しもつかれ」をお稲荷様に捧げたときの様子です。

左の黒い器に入っているのが、「しもつかれ」。今市エリアでは、このようにお社のあるご自宅やお店がよく見られました。

(資料提供:たまり漬けでおなじみ、上澤梅太郎商店さん。ありがとうございました)

<名前の由来>

材料のひとつ、煎り大豆に酢をかけるとシワが寄って、人がむずかっているような表情になることから、「酢むつかり(=憤り)」となり、それが「すみつかり」「すむつかれ」「しみつかれ」などと転じていったようです(すべて、しもつかれの異名。今市以外の地域でも同様の料理は作られています)

※参考資料『たべもの噺』鈴木晋一著 小学館ライブラリー

f:id:Meshi2_Writer:20160225194420j:plain

この「鬼おろし」という目の粗いおろし機で、ダイコンとニンジンをすりおろします。

この写真のもの、なんと大正時代につくられたもの。地元の方が今でも使っているもです。(長谷川愛子さん提供)

家庭によって味はかなり違う

【かんたんなレシピ説明】

1:塩鮭を、骨が柔らかくなるまでじっくり煮る。

2:大豆、刻んだ油揚げ、おろしたダイコンとニンジンを入れてさらに煮込む。

3:味をみて、塩気が薄ければしょうゆを足す。

4:お酢を少々(最近は入れない人も)。

5:最後に酒粕を加える。

※ただし……

f:id:Meshi2_Writer:20160225195307j:plain

「家ごとに、かなり味わいが違う!」

これ、郷土料理ではすべてに共通することなんですが、「しもつかれ」は特にはっきりと家ごとの差が表れていました。

各参加者のしもつかれを味見したところ、甘め、しょっぱめ、汁気を多くする人・しない人、具材として日光名物・湯葉を加える人……あ・ま・り・に・も・家ごとにそのディテールが違う

驚かされました!

ここまで味も違えば、比べてみたくなるのが人情というもの。町おこしも兼ねてのイベントに「しもつかれ」を活用せんと、料理コンテストを開催。めでたく今年が16回目というわけです。

ちなみにこの「しもつかれ」、ご近所でよくおすそ分けされるのだとか。

「七軒分の『しもつかれ』を食べると、その年は風邪をひかない」

という言い伝えも。おすそ分けが日常となる連帯が、まだまだ生きている。

取材していて、実感したことです。

七軒もの家から「これ、作ったから食べてよ」なんて寄られるような家は「福のある家」ですよね。そりゃあ病気も寄りつかないだろう……なんて思ったり。

さて、会場に戻ってみましょう!

f:id:Meshi2_Writer:20160225200008j:plain

会場には参加者作の「しもつかれ」があちこちに置かれています。これらを来場者全員が味見をして、投票するシステム。だからあんな行列になっていたのですね。

今回はなんと678名が来場!

会場のある方から、こんな話をうかがいました。

もともとは、時期のものをうまく使った料理なんです。お正月に食べた塩鮭のあまり、節分の豆、そして新酒の時期ですから酒粕が出る。これらをみんな使って作る料理なんです。究極のエコ料理ですよ。お稲荷様にお供えするので、油揚げも欠かせません。栃木が誇る郷土食です!

な、なるほど。

シーズンならではの食材をあますところなく使った、合理的な料理なんですな。これって、元祖リメイク料理では? 近年では酒粕の健康効果が注目されたこともあって、新たな脚光も浴びているようです。

酒のアテにしてみるのも一興

f:id:Meshi2_Writer:20160225200551j:plain

これは会場の外で売られていた「しもつかれ汁」で、汁ものとして食べやすくアレンジされていました。煮干しのだしをちょっと加えているそう。

「ただねえ、この料理、見た目があまりよくないでしょう?」

「だから子どもの頃はあまり好きじゃなかったなあ」

なーんて声、地元の方々からはよく聞かれるんです。

そうかなあ?

食べてみると鮭の香ばしさと酒粕風味がきいていて、実においしい。うーん……ハッキリいうと、「一杯欲しくなる味」なんですわ。そう、アテとしてもいい。

「酒が好きな年齢になってくるとこの料理、ファンが増えるんです!」とは、地元の呑んべえの声。わかる、わかるよその気持ち!

あれ、でも……

f:id:Meshi2_Writer:20160225200756j:plain

会場には、ちっちゃな審査員もたくさんいましたよ。

おばあちゃんの『しもつかれ』が好き」という可愛い声も多く聞かれました。

将来、「しもつかれ」の作り手になってくれるといいなあ。地元の味、祖父母の味が受け継がれるってのは、とても豊かなことですね。ちょっと真面目な話をすると、そういう祖父母の味(戦前の味)というのが日本からは今、消えかかっています。守られてほしい。

お、審査もすんだようです。結果発表タイム!

f:id:Meshi2_Writer:20160424125509j:plain

今年の1位は男性でした。

宇都宮市の大森正雄さん、おめでとうございます!

f:id:Meshi2_Writer:20160513080121j:plain

おっと、優勝賞品持てるかな。

f:id:Meshi2_Writer:20160225201042j:plain

会場では、たくさんのテイクアウト用「しもつかれ」も売られていました。取材を終えて寄った、佐野市のスーパーの総菜コーナーでも「しもつかれ」を発見。県民に愛されてるなあ。

歴史ある造り酒屋さんも見どころ!

さて、会場となった「道の駅 日光街道ニコニコ本陣」は、下今市駅から徒歩7分程度。今市の中心部にありながら、

f:id:Meshi2_Writer:20160225201124j:plain

どうですこの眺め!

こんな雄大な景色が共にあるって、うらやましい。

夜の月と星も、本当にきれいでした。

夜の暗さ、久々に思い出したな。

f:id:Meshi2_Writer:20160225201218j:plain

この道の駅の目の前には、「船村徹記念館」があるんですよ。サブちゃん(北島三郎)の『風雪ながれ旅』や、美空ひばりの『みだれ髪』などを作った大作曲家。歌唱DVDを制作できるカラオケルームもあったりします。

そして道の駅の目の前には、なんと造り酒屋さんまで!

f:id:Meshi2_Writer:20160226104837j:plain

渡邊佐平商店

創業は天保年間という長い歴史のある蔵元さんです。なんともクラシックな店構えで、昔の今市の風情が目に浮かぶようでした!

f:id:Meshi2_Writer:20160226110441j:plain

中に入ると年代物のストーブがあって、情緒も満点! 見学客も多く、年間で約9000人が訪れるそうですよ。外国からの観光客にも人気というのに、納得。

※見学は無料ですが、条件等あるので下記リンクを参照ください

そしてこちらから10分も歩かずに、造り酒屋さんがもう1軒あるのです。2軒も蔵を歩いてまわれるというのは、うれしいですね。

f:id:Meshi2_Writer:20160226105336j:plain

片山酒造

こちらもなんとも歴史を感じさせるたたずまい。見学にうかがったときは青々とした酒林(杉玉)が入り口に下げられていました。昔ながらの佐瀬式の搾りを今に続ける蔵元さんで、その様子が見たいと全国から見学に訪れる人も多く、こちらも外国からの観光客に評判です。

f:id:Meshi2_Writer:20160226113114j:plain

蔵の中で、まさにいま搾られている酒の音を聞きました。

間近に見える日光の山々からの水で仕込まれる、今市の酒。

雨が降り、連山から川が流れ、その水がやがて人々の飲み水となり、酒が仕込まれる。すべて繋がっているのだなあ……と思いつつ、”しずく”の音を聞く。そして、お酒の味見。なんという贅沢なひととき。

飲み干せば、山の霊気が口の中に広がるよう。

造り手から直にお酒を注いでいただき、頂戴する。

酒がすぐとなりで静かに、そしてたしかに育っているのを感じながら。

これね、やっぱり格別なんですよ。

こういう体験、ぜひ一度していただきたい。酒好きならば特に!

※こちらも、見学の際は要問い合わせで!

いやー……正直に言って、今市(いまいち)のこと、今までほとんど知りませんでした。しかしこんなに東京から行きやすく、観光しやすいところだったとは!

いまいちな所でしょ、なんてよーくからかわれます(笑)

と地元の方がしばしば仰ってましたが、(*´ω`;) いやいや、そんなことありません。新宿からスペーシアに乗っても片道4千円しないんですな。鬼怒川や日光旅行の際に立ち寄るプランもいいですね。もし夜ごはんを食べることがあれば、私のおすすめは「魚登久」さん。鰻をつまみに地酒を楽しめますよ。

今回は、「しもつかれコンテスト」から今市を旅してみました!

白央篤司

書いた人:

白央篤司(はくおうあつし)

フードライター。雑誌『栄養と料理』などで連載中。「食と健康」や郷土料理がメインテーマ。著書に「にっぽんのおにぎり」「にっぽんのおやつ」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)がある。 facebook:atsushi.hakuo ブログ:独酌日記

白央篤司さんのすべての記事

関連記事リンク(外部サイト)

【糸島】黄身がつまめる「つまんでご卵」の 美味しいロールケーキを食べてごらん!【つまんでご卵】
季節の変わり目は餃子を食べて元気をだそう! 「第12回 鬼怒川温泉餃子祭り」開催
ギョギョ!麺が紅に染まっている!美唄市の名産品を贅沢に使った「ドラキュラパスタ」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。