体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文化祭を盛り上げる!おすすめの模擬店3選

文化祭で出す模擬店を思いつきだけで決めてしまうと、実は準備がとても大変だったり、材料費がかさんだりといった失敗をしてしまうことも。そうならないように、運営しやすいおすすめの模擬店を3つ紹介します。

1. 簡単に作れるスムージーのお店

文化祭で飲み物の販売は定番ですが、市販のジュースやお茶ではなく、スムージーを手作りして売るとお店に個性が出ます。スムージーの作り方はとても簡単。例えばバナナスムージーの場合、バナナ1本、牛乳200ml、氷4個、ガムシロップ大さじ1杯をミキサーに入れて混ぜるだけで完成です。バナナを他の果物に変えるだけで、様々なバリエーションも作れます。

2. 安くてオシャレなパンケーキのお店

小麦粉を使う粉ものは、材料費を安くすませることができます。その中でもおすすめなのが、パンケーキ!模擬店にオシャレ感も持たせやすく、調理も簡単です。注意したいのが、トッピングにこだわり過ぎるとたくさん費用がかかってしまうこと。また調理に焼く作業があるので火傷をしないようにしましょう。

3. 終盤でも売れる手作りクッキーやチョコレートのお店

クッキーやチョコレートのようにラッピングして売るものは、他の模擬店の帰り際に、デザートやお土産として買っていってくれる人も多く、文化祭の終盤まで根強く売れ続けることがあります。学校の調理室を使用することが出来ない場合、作る場所を別に用意しておく必要があるので決める際にきちんと確認しましょう。。

手間とお金を押さえるのが、模擬店運営のコツ!

文化祭で模擬店を営業するのは大変なことです。今回紹介した模擬店は、どれも手間とお金を押さえられるものですので、クラスや部活のみんなと協力して文化祭を盛り上げてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

インフルエンザに負けない!受験生必見の健康管理方法
危なく女子風呂に突入!? 共学で起きたプチハプニング <高校生実態調査>
留学をしてみたい!交換留学という方法

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy