ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Call of Duty新作の動画 宇宙が舞台で大不評

DATE:
  • ガジェット通信を≫


戦争をテーマにしたゲーム『Call of Duty』シリーズ(以下CoD)の最新作『Call of Duty : Infinite Warfare』の予告動画が、特に従来のファンからの評価があまりにも低いと話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

CoDシリーズはリアルな戦争を題材としたファーストパーソンシューター(FPS)。主に近現代から近未来における戦争が舞台となっており、リアリティーのある戦いを再現している点が大きな特徴だ。

しかし、今年11月4日に海外で発売予定(日本での発売日は未定)の最新作『Call of Duty : Infinite Warfare』(PC版、PlayStation 4版、Xbox One版)の予告動画「Official Call of Duty : Infinite Warfare Reveal Trailer」には、巨大な空中戦艦や宇宙での戦いが登場。詳しい情報こそ明らかにされていないが、これまでのリアリティーがある作風とは変わって、SF的要素が濃い作品となりそうなのだ。

どうやらこのSF的要素が従来のCoDファンから不評だったようで、5月2日に公開されたこの予告動画は11日までに150万件を超える「低評価」がつけられてしまう結果に。YouTubeにアップされた動画全体でみても、「低評価」がつけられた動画ワースト5にランクインしてしまった(11日時点)。コメント欄を見てみると、

「Wait, Activision bought Halo?」
 訳:待って、アクティビジョン(CoDシリーズの発売元)は『Halo』(未来を舞台にしたFPSシリーズ)を買ったの?
「Star Wars battlefront dlc???」
 訳:『Star Wars Battlefront』(スター・ウォーズを題材にしたFPS)のダウンロードコンテンツ?

などと、ほかのSF系のゲームを引き合いに出して、SF化したCoDへの違和感を表明するネットユーザーが多かった。

また、日本のネットユーザーからも、ツイッターで、

「CoDで宇宙行くならHALOやるわってなるよなあ」
「codもう未来は辞めてくれよと思っていたら宇宙ですかそーですか あいつら予想の斜め上行ってやがる」
「CoDついに宇宙戦争かよ 近未来設定入り始めて評価だだ下がりやろ」

と、未来や宇宙が舞台であるこの新作に対する不満が寄せられていた。これまで同シリーズをプレイしてきたと思われる人からのコメントが多く、期待の裏返しとも言えそうだ。

ちなみに、CoDのライバルともいえるFPSシリーズ『Battlefield』の最新作『Battlefield 1』(10月21日発売)は第一次世界大戦が舞台になるとのこと。その予告動画もYouTubeで公開されており、こちらは100万件以上の「高評価」を獲得している。この『Battlefield 1』の存在も、CoDにとっては逆風になったかも? 今秋の発売時、2つのゲームの評価が注目される。

(小浦大生)
(R25編集部)

Call of Duty新作の動画 宇宙が舞台で大不評はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

日本で本格的eスポーツ大会開催へ
SFが実現!脳波で他人を遠隔操作
7月公開の『シン・ゴジラ』 予告映像解禁に興奮
エヴァ偽予告でファン諦めモード?
テーマパーク化希望のエンタメ作品TOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。