体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都大学、ひたすら“めんどくさい”ゲーム型サイト公開

探検!京都大学モバイル版トップ画面

2015年4月に開設された京都大学のエンターテインメントサイト『探検! 京都大学』。京大らしくない、いや、あれこそが京大だ……と評判になりましたが、5月13日、ついにモバイル版が誕生します。なんでも、ひたすら「めんどくさい」ことを追求したゲーム型サイトなんだとか。それって何?

通常、インターネット上のサイトは、ユーザーにとって見やすく、使いやすいことを重視して作られます。これは、ユーザーが効率よく、目的の情報に素早くアクセスできることを求めているから。手間がかかるサイトは敬遠されがちです。

しかし今回、京都大学が目指したのは「めんどくさい」サイト。これは、京都大学が創立以来大事にしてきた「『回り道』の精神」から着想されたものなんだそうです。効率をひたすら追求するのではなく、「めんどくさい」ことを楽しめるユーモアこそが、将来イノベーションを起こす人材に必要な素質のひとつである……という考えがもとになっているのです。

高校までの「学習」は、いかに正解まで最短距離でたどりつくか、という効率性が受験勉強まで重視されていますが、大学での「学問」は違います。誰かの通ってきた道ではなく、自分で道を切りひらいて進んでいくことになります。そこに地図はありませんし、容易に答えが出るとは限りません。それを楽しめるか否かが大事、という考え方が「『回り道』の精神」という言葉となっているのですね。

ゲームは、京都大学に実在する建物、学生、研究者、研究ストーリーをモデルにした「惑星 京都大学」内を歩き回る、すごろく形式で進めます。まずは、自分に近いタイプのアバターを選択してからスタート。何故か全部「いかにも京大生にありがち」な、勉強や好きなことにのめり込みすぎてファッションに無関心な学生、略して「イカ京」になってしまうという、最初からめんどくさいことに。

アバター選択画面

各マス目には「京大マニアッククイズ」や、京大在学15年という神格化されたイカ京、その名も「神イカ京」のような、こじらせ系のキャラクター、実在する先生、回避不能のトラップなど、めんどくさい仕掛けが満載。しかも、ただめんどくさいだけではなく、マニアックな知的好奇心を刺激して、ついやってみたくなるような絶妙なバランスになっています。

出題画面
登場キャラクター

例えば、神イカ京がふと「地上から地球の中心までの距離は、京大の時計台何塔分になるだろう?」と疑問に思ったことを確かめる為、ひたすら画面をスクロールして地面を掘り進めていく……というトラップが存在します。ちなみに、このトラップをクリアするのに必要なスクロール数は約21万回(!)。もし1秒間に5スクロールという高速で休みなく行ったとしても、地球の中心までたどり着くのは最短で11時間50分後。スマホのバッテリーを著しく消費するだけでなく、指の筋肉が限界に達すること必至です。

穴掘りゲーム画面
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。