ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日焼け嫌いの人も、上手に日光浴すればメリットが多い!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日焼け嫌いの人も、上手に日光浴すればメリットが多い!

紫外線はアンチエイジングの大敵、ということでバッチリ紫外線予防をしている方も多いのでは? 確かに紫外線はお肌のシミやシワのもとですし、大量の紫外線を浴びることで皮膚がんを引き起こす懸念もあります。一方で太陽の光には、私たちの体にいい影響も及ぼしてくれています。ここでは、日光浴で得られるさまざまなメリットをご紹介します。

目覚めの日光浴で体内時計をきっちり調整

人の体には、昼は活動的に夜はお休みモードに自然に導く体内時計が備わっています。ホルモンの分泌や自律神経の調整も体内時計の役割です。体内時計は1日単位で刻まれますが、不規則な生活などで乱れが生じると、睡眠と覚醒のリズムが崩れて体の不調を招いてしまいます。体内時計を整えるには、朝起きたら、1時間以内に太陽の光を浴びること。これによって体内時計がリセットされます。

ウツな気分も日光浴で解消できる!?

ウツな気分は、ホルモンの分泌の不足が原因とも言われています。特に心の健康にかかわるのは、神経伝達物質のひとつであるセロトニン。セロトニンには、脳内のドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑えて心を整える働きがあるため「幸せホルモン」とも呼ばれています。セロトニンは、肉類や乳製品、大豆製品、バナナなどトリプトファンを多く含む食べ物を食べることでも増やせますが、日光浴をすることでも増やすことができるのです。心の健康のためには、太陽の光を適度に浴びることも必要なのですね。脳内のセロトニンが増えることで心が安定すれば、ムダな食欲も抑えられるのでダイエットにもなります。

日光浴は骨粗しょう症の予防にもピッタリ!

骨密度が低くなって骨折しやすくなる骨粗しょう症は、ホルモンの関係から男性よりも女性によく見られます。骨粗しょう症を予防するには、骨や歯のもとになるカルシウムが必要です。そのカルシウムの吸収率をアップするのがビタミンD。ビタミンDはキノコ類などにも多く含まれますが、日光浴をすることでも体内でビタミンDが生成されるのです。適度に太陽の光を浴びることは、骨を強くするためにも必要です。

太陽の光は心身の健康のためにやはり必要です。紫外線を恐れるあまり、太陽の光をすべてシャットアウトしようとするのは考え物。適度に日光浴をするようにしましょう。夏場なら10分~20分、春や秋なら30分~1時間程度で十分です。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。