ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこにでも貼りつけられるデジタル付箋「SeeNote」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大事な予定を、忘れないようにしておけるリマインダーアプリ。ビジネスやプライベートで、活用している人も多くいるのでは?

しかし、既存サービスの大半は、アプリを立ち上げておくことが前提。また中には、通知のためのアラートが恥ずかしい、という意見もあるようだ。

今回ご紹介するのは、そんな課題を打ち破る、まったく新しいリマインダ―アイテム。アナログとデジタルをいいとこどりしたデバイス、「SeeNote」だ。

・アプリの登録内容をディスプレイに反映

多くのサービスがそうであるように、「SeeNote」もまた、アプリに予定を登録するところから始まる。他と違うのは入力した内容が、別のものに映し出される点。

「SeeNote」には、モジュール式の電子ペーパーディスプレイが備わっている。アプリに登録したことは、Blutooth経由でここに反映される仕組みだ。このディスプレイがメモの役割を果たし、アプリを立ち上げずに予定をチェックできるのだ。

・メモ感覚でどこにでも貼りつけられる!

ディスプレイは、3Mコマンド™と取り付けプレートによって、どこにでも貼りつけられる作り。ポストイット感覚で、好きな場所に貼っておける。

冷蔵庫や玄関ドアなど、目につく場所を選んでおけば、大事な用事も忘れずに済むというもの。家族全員で共有できるのも、大きな利点だ。

終わった用事は、ディスプレイに軽く触れるだけで消去できる。次の予定は、またアプリから入力。デジタル付箋ライフは、エコで手軽。無駄なくライトに、“To Do”管理をサポートしてくれる。

現在、プレオーダー受け付け中。価格は99ドル(約1万80円)。日本への出荷も可能だ。

SeeNote

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP