体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渡り鳥プロジェクト —わたしの仕事はどこでもできる—

みなさん、はじめまして。リクナビNEXTジャーナルで映画コラムを書かせてもらっている、ライターの松岡厚志と申します。明日で38歳、一児の父です。

実は僕にはライター以外にもうひとつ顔があります。都内に拠点を構えるデザイン会社の経営者という顔です。

社名は「ハイモジモジ」と言いまして、社員は僕と妻のふたり。パソコンのキーボードのすき間に立てる動物型の伝言メモ「Deng On(デングオン)」や、腕に巻いて忘れものを防げるリストバンド型メモ「LIST-IT(リストイット)」など、これまでスマッシュヒットをいくつか飛ばしてきました。主に文房具を手がけることが多いことから、最近は「ベンチャー文具メーカー」と呼ばれることもあります。

f:id:atsushimatsuoka:20160511005459j:plain

これまで6年間、夫婦二人三脚で活動してきましたが、7年目を迎えた今年は思いきって「働き方を変えよう」と思っています。そして今、ある計画を立てています。その名も「渡り鳥プロジェクト」。これから進捗を綴っていきますが、もしかしたらみなさんにとっても、働き方を見つめ直すヒントにつながるかもしれません。どうぞお付き合いください。

働き方を変えたい

僕たちはあくまでベンチャー、言うなればチャレンジャーの立場です。常にアイデアを生み出し、ヒットにつなげることで成り立つような会社ですから、まずアイデアありき。大手が考えもつかなかったような、大手じゃないからこそ実現できるようなアイデアをかたちにし続けることが会社の存続に直結します。

それなのに最近は働き方や考え方が硬直しているなあと感じる場面が増えてきて、少し不満があるんです。6年も同じように働いてきましたから、マンネリ感があるのかもしれませんね。もっと軽やかにアイデアを生み出して、世の中をあっと驚かせたい。思わず膝を打つような発想をかたちにしたい。それには今の働き方を見直して、仕事のアップデートを図る必要があると考えました。

たとえばこれまで大きなデスクにパソコンを2台向き合うように並べて座り、アイデアを思いついたらすぐ目の前に話す相手がいる状況を作ってきました。思いつきレベルの萌芽も逃してしまわないように。ところが、お互いの集中しかけた仕事の邪魔をしてしまう場面も増えてきたため、それぞれの個室に作業場を分けることにしました。おかげで作業と話し合いの時間にメリハリをつけられて、今のところ快適です。

さらに僕の個室では伝票出力や会計処理といった事務作業を集中的に行うためにイスをなくして、お腹のあたりまで高さがあるデスクにパソコンを置いて、立って仕事をするようにしました。早く終わらせて腰を下ろしたいから、効率的に済ませようという考えが働いて、時短になるはずなんですね。そうして生まれた余白の時間をクリエイティブに費やしたい。勤務中に立ち続けると運動不足の解消になるのでは、という下心もあります。効果のほどについては検証を始めたところです。

f:id:atsushimatsuoka:20160511005520j:plain

ただ、もっとドラスティックに働き方を変えたい。

あれこれ思い悩んでいた僕は、ある考え方と出会います。それは『北欧、暮らしの道具店』を運営するクラシコムの代表取締役、青木耕平さんの「理想から逆算して考える」というもの。同氏は「社員は必ず18時に退社する」という働き方の理想を掲げ、実現するために「何をして」「何をしないか」を徹底的に突きつめているそうです。結果的にそうなればいいなと甘い期待を寄せるのではなく、まず理想の地点に立ってみて、阻むものを取り除いていく。

これだ! 今の僕に必要なのはこの「理想から逆算する考え方」だと、はたと膝を打ちました。

渡り鳥になりたい

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。