ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格のプロがおすすめ!】世界各国で実施される認定資格「Oracle認定 Java資格」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。でも世の中には情報があふれすぎていて、一体なにを信じたらいいのか…。

というわけで、「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「Oracle認定 Java資格」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

また、就職・転職・進学など、20年以上にわたって一貫してキャリアに関する分野に関わり、これまで記事で取り扱ったライフヒストリーは4000例以上にのぼるため、資格取得後の活用法にも知見が深い。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格取得。

Javaの開発元が認定している資格なので最新状況に対応。

他者との差別化に有効

「稼げる資格」編集長の注目ポイント

「Java」はスマートデバイスの普及・浸透によって注目を集めるようになった言語。開発速度も速く、現在のJava SE 8が公開されたのが2014年3月、さらに2017年にはJava SE 9がリリース予定です。資格を取得して最新状況に対応できるようになれば、他の技術者と差別化しやすくなるのは大きな強み。現時点ではBronze、Silver、Goldの3段階に分かれているため、キャリアデザインの指標としても効果的といえます。

どう稼ぐ?

ネットワークやセキュリティにも強いJavaは、企業システムやスマートデバイスなど生活のあらゆる場面で使用されている。取得後はJavaを使用したプログラミングやシステム・アーキテクチャを設計できる専門技術者として活躍できる。

どう学ぶ?

各スクール・専門学校の資格対応講座や、オラクルユニバーシティ提供の研修コースに参加する。プログラムの根本的知識や、プログラミング演習を通じた応用力まで習得。設計書を基としたサイト開発など、実践的学習を積むのも有効。

どんな資格?

開発言語として汎用性のあるプログラミング言語Java。その基本的な技術力から実践的な開発力・設計力まで幅広く認定。世界50ヵ国以上で実施されており、50万人以上が取得。取得目安期間は経験年数1年~3年程度の場合、5日間から。

主催団体

日本オラクル(株)

オラクルユニバーシティ認定資格事務局

受験資格

各試験により異なる(日本オラクルのHP で確認可能)

目安となる取得期間

5 日間程度

いかかでしたか?あなたにとって「Oracle認定 Java資格」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

更に、この資格を取得した人が実際にどう稼いでいるかを知りたい方は、現在発売中の『稼げる資格2016』に掲載されている活用実例インタビューをチェック!

構成/文 ケイコとマナブ編集部

※この記事は2016年2月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格のプロがおすすめ!】心の病に悩む人をサポート「EAPメンタルヘルスカウンセラー」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】あの有名なお寺の仏像も扱えるように!?「仏師」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】子どもとの絆を育むための資格「チャイルドボディセラピスト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP