体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Elite Daily編集者が20代のために書いた「時間管理法」20選

Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書いた時間管理法を紹介。思いがけないことが役に立つかも。参考にしてみてね。

目次
01.約束は小さく。成果は大きく。
02.タスクを上手に分担しよう。
03.やるべきことは、一つずつ片付けること。
04.書いて、計画を立てよう。
05.スケジュールを組み、ルーチンをつくろう。
06.世話の焼ける人とは付き合わない。
07.ドラマティックな悲劇に浸るべからず。
08.毎晩出掛けないこと。
09.“一人の時間”を予約せよ。
10.週末は泥酔禁止。
11.ちゃんと休もう。
12.平日のSNS利用は、できる限り制限しよう。
13.タスクの優先順位を決めよう。
14.毎日、目標を設定しよう。
15.締め切りは必須。
16.締め切りは引き延ばしNG。
17.NOの言いどきを学ぼう。
18.ドラマシリーズは、途中で見るのをやめても良い。
19.定期的に運動しよう。
20.やっぱり早起きって得♡

01.
約束は小さく。成果は大きく。

Elite Daily編集者が20代のために書いた「時間管理法」20選

「Under Promise,Over Deliver」とよく言われます。つまり、できないことを約束して小さな結果を提示するのではなく、何ができるのかを吟味して口約を結び、期待以上の成果を提供しようという意味です。

YESと口にするのはカンタンですが、ロジックもなく要求に答えれば、後でどうなるかは明白です。エゴで他人の時間を無駄にしてはなりません。それが結果として自分の時間を大切にし、ストレスを避けることに繋がります。

02.
タスクを上手に分担しよう。

任せられるものは依頼しましょう。周囲から任されたものをすべて自分で担う必要はありません。それが結果としてみんなの時間を無駄にしない効率的な方法になり得ます。

03.
やるべきことは、
一つずつ片付けること。

Elite Daily編集者が20代のために書いた「時間管理法」20選

集中力を、いくつもの物事に同時に使えばミスが増えます。一点集中して気を散らさないことです。新たなことは、一つずつ終わらせてから。

04.
書いて、計画を立てる。

使うのはノートでもアプリでも構いません。書けば考えがまとまります。やるべきことを見える化すれば、建設的なスケジュールが組めるはずです。手を動かすほど復習できます。

05.
スケジュールを組み、
ルーチンをつくろう。

Elite Daily編集者が20代のために書いた「時間管理法」20選

物事の準備を事前に済ませるためには必要なことです。それぞれの役割にどれだけ時間を残されているのかが可視化されます。優先順位も見えてきます。

目の前のことを次から次へと片付けていくよりも精神的な負荷が軽減され、システマチックにタスクを管理できるため、歯車が噛み合う実感が感じられるはずです。

06.
世話の焼ける人とは、
付き合わない。

最悪なのは、気の合わない人や世話の焼ける人と過ごしてエネルギーを吸い取られてしまうことです。

07.
ドラマティックな悲劇に、
浸るべからず。

Elite Daily編集者が20代のために書いた「時間管理法」20選
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。