ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「NEWoMan ART wall」ルミネの新たな商業施設NEWoManで 継続的なアートの展開がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

株式会社ルミネが手掛ける新たな商業施設設「NEWoMan」(ニュウマン)では、ニュウマンのターゲットである上質で本物を求める大人の女性に向け、アートのある生活を提案するとともに、文化の発信と交流をめざし、「NEWoMan ART wall」にて継続的にアートを展開していく。

「NEWoMan ART wall」はJR新宿駅ミライナタワー改札を出て右手すぐに位置する約10mの壁面。
世界で活躍する国内外有力ギャラリーの様々なアーティストの作品をシーズンごとに展示し、展示作品をはじめとするアートは株式会社クラブエフマイナーを通して購入・レンタルが可能。

5月12日(木)より、アート展開をスタートし、初回テーマ「NEW TRAVEL」のもと、ARATNIURANO(東京都港区白銀)所属の横山裕一氏の作品を展示する。
また、5月26日(木)には、本展示にまつわるアーティストトークと、横山裕一氏本人との交流の場をNEWoMan5F イベントスペース「ルミネ ゼロ」にて実施。

◆「NEWoMan ART wall」および「ART salon」について

【展示概要】
日 程:5月12日(木)~6月20日(月)
場 所:NEWoMan ART wall (JR 新宿駅ミライナタワー改札出て右) テーマ:NEW TRAVEL
アーティスト:横山 裕一
協力ギャラリー:ARATANIURANO

【アートサロン概要】
日 程:5月26日(木)19:00~21:00(予定)
場 所:ニュウマン 5F ルミネ ゼロ
料 金:無料
内 容:仕事帰りに立ち寄れる気軽なアートサロンとして、アーティスト(横山裕一氏)とトップギャラリストによるトークの他、

アーティスト本人と来場者との交流。 参加方法:応募フォームより参加申し込み。(URL:https://clubfm.jp/NEWoManART/01)

【アーティスト紹介】
横山 裕一|Yuichi Yokoyama

1967 年生宮崎県出身 横山は油絵を学んだのち、“時間を描く”表現方法として漫画を選び、疾走感のある描線や独特なキャラクターが印象的な作 品を展開している。『ニュー土木』、『トラベル』、『NIWA』、『ベビーブーム』など多くの著書は国内での高い評価に留まらず、フ ランス、アメリカ、イタリア、スペイン、ロシアなどで翻訳され、世界中で注目を集めている。その注目度に比例して、国内外で 多数の展覧会に参加し、2010 年には初の大規模個展として「横山裕一 ネオ漫画の全記録:『わたしは時間を描いてい る』」(川崎市市民ミュージアム)が開催され、大きな話題となった。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。