ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

5月病かなと思ったら考えてみたい、3つのこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
5月病かなと思ったら「幸せ」について考えてみるのも悪くない 

そろそろ5月病が気になる時期ですね。新しい環境にようやく落ち着いたころ、それまで張っていた気も抜けて、疲れがどーんと出てしまうことがあります。ちょっとしんどいな・・・と思ったら、一度立ち止まって、自分を見つめ直す時間をとってみてはいかがでしょう。

今回は、女性のためのポータルサイト「健康美人」の「幸せ」に関する調査結果とともに、人生のアドバイスをお届けします。

目標が見えなくなってない?

5月病かなと思ったら「幸せ」について考えてみるのも悪くない 

ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、不安やイライラを抱えこんでしまったり。やる気が出ない、自信がない・・・と感じてしまうのは、もしかすると目標や目的が分からなくなってしまっているからなのかもしれません。

目標や目的というのは、人それぞれに異なり、時間や場所によっても変化していくものです。また時には、明確に思い浮かべることができないことだってあるものです。

しかし、「幸せ」という大きなカテゴリで考えると、目標や目的が見つからないときでも、きっと自分を励ます答えを見つけることができます。

他の人はどんなことを幸せだと感じているのでしょうか。人生や、人との関係、恋愛における「幸せ」の形について、詳しく見ていきましょう。

1日1回は幸せを見つけよう

5月病かなと思ったら「幸せ」について考えてみるのも悪くない 

「1日1回は小さな幸せを見つけることができる?」と質問されたら、あなたは何と答えますか。もしも即答で「YES」と回答できれば、それはとても素敵なことです。

健康美人のアンケートではこの質問に、58%が「できる」と答えていました。

目を配れば、小さな幸せはきっとたくさんあるはずです。朝起きて天気が良いことに気づいた、目玉焼きが上手に焼けた、大好きなボディクリームの香りに癒された、などなど。自分の周りにある小さな幸せを意識し、その一つひとつに気づくことで、気分を前向きにもっていくことができます。

何を大切に生きるのかを考える

5月病かなと思ったら「幸せ」について考えてみるのも悪くない 

忙しい生活の中では、たくさんのタスクを処理するために「冷静な判断力」を持つことは、とても重要です。また、社会的な成功を目指したり、世間をうまく渡るためには、「自立心を養う」ことや、「許容範囲が広い」ということを身に付けるのが必要になってきます。

しかし、「幸せになるために一番必要なことは?」というシンプルな問いの前では、これらの項目を答えに挙げる人はわずか4%~0%に過ぎませんでした。

ほとんどの人が選んだ答えは、「感謝を忘れない」(72%)、「他人に親切になれる」(15%)ということ。幸せになるためには、感謝と親切がもっとも大切なのかもしれません。優しさや思いやりを互いに分け合って、幸福感や心の充実度を高めていけるといいですね。

幸せな恋愛ができるのはこんな人!

5月病かなと思ったら「幸せ」について考えてみるのも悪くない 

「幸せそうな恋愛をしている女性の特徴は?」の質問では、「純粋・素直」がトップで38%、続いて多かったのが「ポジティブ」で37%でした。3位は「可愛い・美人」(13%)、4位は「常におしゃれ」(7%)、5位は「寂しがり屋」(3%)という順に。

この結果を踏まえて考えると、恋愛には見た目の美しさではなく、心のあり方が、強く影響していることが分かります。人との関係や物事を損得で測ったり、後ろ向きに捉えて傷つくのはもうやめましょう。楽観的に構え、プラス思考を心掛ければ、自然と笑顔が増えます。

笑顔は恋に効き目をもたらすだけでなく、悩みや迷いを吹き飛ばす力もあります。笑顔こそ、女性の最大の武器。どんなときも忘れないようにしたいものです。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。