ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「テーマ」のない世界一周をするメリット・デメリット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界一周した!」なんて言うと、「なんで?目的は?」と聞かれることが非常に多いのですが…

ごめんなさい!なんもありません!!「まぁ、とりあえず世界一周でもするか」ってノリだけで世界一周したので、私の旅には本当にテーマがないのです。

しかし、書籍やメディアなどで活躍する有名旅人にはとても個性的なテーマで旅をしている方が多いです。(例えば、女忍者で旅をしたり、美容師をしながら旅したりといった感じ。)

だから、世界一周するってなるとどうしても「なにかテーマを持とう」とする方が多いと思うのですが、はっきり言って…大正解です。明確なテーマを持って旅をすればそりゃ楽しい旅になるはずです。

 

でも、私はテーマなく旅をしました。だから、あえて言いましょう!

「テーマがない旅だからこそ得られるメリットがある!!(デメリットもある)」

というわけで今回はテーマなし世界一周のメリット、デメリットをまとめました。

 

メリット① 義務感ゼロ!その日暮らしができる。

photo by  ishane

テーマなしの旅の最大のメリットは、とにかく義務感がないことです。やりたいことをしてもいいですし、何もしなくても良いんです。これは楽!本当に楽!

おそらく、テーマなし旅の間は人生が始まって以来のレベルでわがまま三昧に生きられます。

 

一方、テーマあり旅人の場合、ブログを書いたり、路上パフォーマンスをしたりやることがたくさん。中には、「たまにはゆっくりすればいいのになぁ」なんて心配になるくらい、ものすごく忙しそうな旅人もいるくらいです。

本人が楽しければいうことなしですが、テーマに縛られすぎて「やらなきゃ!」って義務感だらけになったらなんだかちょっとツライ旅になってしまいそうです。

 

メリット② 余分な荷物がない

photo by  chripell

もっともお手軽なテーマあり旅のひとつに「コスプレ」をして旅をするというものがあります。

しかし…このコスプレ旅はモノにもよりますが、かなり荷物が増えます。しかも、旅が終わるまで捨てることもできないし、つねに荷物を圧迫し続けるのです。

その点、テーマなし旅には死角がありません。服とパスポート、お金さえあればとりあえず荷造り完了!楽!楽すぎて、これ以上書くことがないくらいです!

次のメリットに行きましょう。

 

メリット③ 知らない人に突然話しかけられない

photo by  Sklathill

テーマありの旅をしている旅人はブログなどで自分の旅を紹介していたりするので、旅人業界ではちょっとした有名人だったりします。

そのため、ゲストハウスで出会った旅人から「あ、○○さんだ!」と話しかけられることもあるでしょう。(現に私は話しかけてましたし…)

しかし、これって結構大変ですよね。いきなり知らない人に話しかけられて、「いつも見てます!」なんて言われてもちょっと照れちゃいそうですし…。

あまり目立ちたくないという人は、テーマなしで旅をするのがおすすめです。

 

メリット④ 途中からテーマをもってもOK。でも途中でやめるのは大変。

photo by  Seth W.

テーマがない旅をしていると途中でテーマがほしくなることもあるでしょう。

そんなときはやってもOKです!道具をそろえたり、ブログを作ったりなど、状況を整備すれば旅の途中からテーマあり旅人へジョブチェンジすることも可能です。

 

しかし、逆のパターン「途中までテーマを持って旅していたけど、やっぱテーマなしに変える」は結構きついと思いませんか?

「ブログとか応援してくれてた人もいるのに…」とか気にしちゃうタイプの人は、なおのこときついですよね。

 

デメリット① 帰国後、自分の体験を話しにくい

photo by  veni markovski

これまでいくつかの「テーマがない旅」のメリットを挙げてきましたが…やはりテーマがない旅にはデメリットが存在します。

その第一が、帰国後に体験談が話にくいということがあります。

例えば、「毎日世界中でコスプレしてました」っていうだけで、「ええー!面白そう!!」となりますが…。

 

「世界中の宿で寝て、飯食って、酒飲んでた。」なんて言ったら、めちゃくちゃつまんなそうですよね!誤解のないために言っておきますが、そんな生活しててもかなり面白いことは転がり込んでくるのが旅の魅力です。

しかし、そんな生活のなかであった面白いことを他人に伝えようと思ったら、かなりのトークスキルが必要になります。

旅の体験談が話しにくいというのは、なかなかに大きなデメリットになるはずです。

 

デメリット② テーマある旅人がうらやましくて仕方ない

photo by erizof

基本的にテーマありの旅人は、いわゆる…リア充です!だって、毎日やることあって楽しそうにしてるし、日々が充実している感があふれ出ています。

一方、テーマなしで旅をしていた私は、毎日超楽しいはずなのになんか…目の前にいるテーマあり旅人を見ていると「うらやまっしいいい!!!」という感覚に襲われてしまいました。

 

あんまりにもうらやましかったもんだから、ちょっと拗ねてしまうことすらあったくらいです。

今になって…「なんか企画立てて旅しておけばよかったなぁ」なんてね。思ってしまうこともあります。

 

まとめ

わたしがテーマなしで旅した理由はまったくありません。ただ、準備が面倒くさかったの、と企画を続ける自信がなかったやらなかったにすぎません。

だけど、それでもものすごく、ものすごく楽しかった。汚ねぇゲストハウスで飲むビールが、見たことのない景色が、旅先でできた友達が、すべてが楽しかったです。

でも、それは旅に出ただけで得られる楽しさでした。あっちから勝手にやってくる楽しさだったのです。

今になって考えると、自分で楽しさを演出しとけばよかったな。なんて思う部分もあるのです。

とはいえ、旅には後悔がつきもの。後悔があるから次の旅への活力がわくって側面もあるので、それはそれでよしとしましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

女の子だって世界一周できるもん!自由な女子一人旅ブログまとめ
相棒はハサミ!毎日が冒険のRPGのような「旅人美容師」の1日とは?
英語が喋れない旅人に優しい旅行保険が登場!万が一病院に行きたい時もこれで安心!
沖縄が舞台のおすすめ映画6選!→2時間後にはすっかり沖縄の虜に♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP