体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギョギョ!麺が紅に染まっている!美唄市の名産品を贅沢に使った「ドラキュラパスタ」

f:id:mesitsu_lc:20160414195003j:plain

キラリと光る牙。今宵も生き血を求めて、街へと繰り出すドラキュラ伯爵。

若い娘を見つけて、へっへっへ。首元をガブリとやりますか。

いやいや、そんなことしなくても。

北海道美唄市の喫茶店には 恐ろしい色に染まったパスタ があります。

どこから見ても真っ赤!

それを封印するかのように十字架まで盛られているではありませんか。

子どもが泣き出しそうな「ドラキュラパスタ」の登場です。

果たしてこの色の正体は何なのでしょうか。

札幌市と旭川市の間にあるマチ

f:id:mesitsu_lc:20160414194953j:plain

珍しい料理があると聞いた時のフットワークが異様に軽い、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は札幌市と旭川市の中間ほどに位置する、美唄市にやってきました。

人口が2万3,000人ほど、のどかな田園風景が広がるマチに、「ドラキュラパスタ」なるものが本当に存在しているのでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20160414194954j:plain

美しい唄と書いて「びばい」と読みます。

北海道は本当に読み方が難しい地名が多いです。それにしても、キレイな名前ですね。

ドラキュラのことを忘れて、鼻歌のひとつでも飛び出しそうな気分です。

駅を出てすぐの場所にある目的地

f:id:mesitsu_lc:20160414195000j:plain

駅前にあるお店「COOK CAFÉ 旅の途中に…」です。

なんとも哀愁あふれるお名前。

旅の途中になんて言われちゃうと、思わず寄りたくなりますよね。旅人心をくすぐる店名です。

f:id:mesitsu_lc:20160414194955j:plain

山小屋のようなお店。

なるほど、見方をグルっと変えれば、ドラキュラが潜んでいるように見えてきます。

2階が怪しいですね。

石棺の中で、日が暮れるのをジッと待っているのかもしれません。

いざ、ドラキュラ伯爵の要塞へ

f:id:mesitsu_lc:20160414194958j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。