ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

解散否定の裏側 ジャニー氏「SMAPまとめるのは中居だけ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年初の日本列島を騒然とさせたSMAPの解散騒動から早4か月。ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏(84才)が騒動以来初めて公に口を開いた。

 5月3日、彼がプロデュースする舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールドfrom帝劇to博多』の説明会でのことだった。ジャニー氏自ら、「皆さん、絶対に聞きたいと思うから」と突如切り出した。「解散なんて冗談じゃない。はっきりしときますよ。絶対にない」──思わぬ一言に報道陣が静まり返る中、ジャニー氏は言葉を続けた。

「SMAPはわが子と同じですから。ぼくは命をかけても守る。彼らがぼくを信じている以上にぼくも信じています」

 来る9月9日にデビュー25周年を迎えるSMAP。「開催は未定」と報じられていた記念ツアーについてもジャニー氏はこう明言した。

「盛大にやるべきです。萎縮したり周りに遠慮したりする必要はない。彼らは“オレたち、もういいよ”と言うと思うけど、やらなきゃいけない」

 ジャニーズ事務所のトップから突然飛び出した「解散しない」宣言。なぜ、このタイミングだったのか。多くの関係者が指摘するのが、4月27日発売の『週刊文春』の影響だ。

 同誌は《SMAP“9月危機”メリー副社長VS中居正広》と題した記事でSMAPと事務所の契約が切れる今年9月にも解散危機がぶり返されると指摘。中居はまだ現状に納得しておらず、SMAP25周年企画も宙に浮いたままだと報じた。メリー副社長とはジャニー氏の姉、藤島メリー泰子氏(89才)。共に事務所をけん引してきた。

「記事を読んだメリー副社長は胸中穏やかではなく、中居本人に説明を求めたといいます。一度修復しつつあった事務所との関係に、再び亀裂が生じようとしていた。そこでジャニー社長が表に出た。“もうこれ以上かき回さないでくれ”と珍しく怒りを露わにしていたようです」(スポーツ紙記者)

 ジャニー氏の解散否定発言は、中居と事務所幹部の対立を真っ向から否定した。

「中居さんは最近ジャニー社長と連絡を取るようになった。“自分がまとめるから25周年コンサートをやらせてください”と伝えたようです。社長は“ユーがしっかりやるのなら”と快諾した。中居さんの強い意志を確認した上での解散否定発言だったのです。“SMAPをまとめるのは中居クンしかいない”と社長は言っていますから。

 ジャニー社長からすれば“心配しないで”というファンへのメッセージと、もう一つ、メンバーたちへの“もう一度、5人で手を繋いでしっかりファンの前に立ちなさい”というメッセージでもあったんでしょう」(芸能関係者)

 解散危機を緊急回避するように、SMAP25周年ライブは実現に向けて動き出した。

「スケジュールとしてはかなり厳しいですが、急きょ会場探しを再開しました。ベストは11月から全国ツアーを始められること。東京ドームやさいたまスーパーアリーナなど打診しているようです。ツアー日程が決まり次第、新アルバムのレコーディングに入る予定だともいわれています。SMAPにとって最後のツアーになるかもしれず、社長の思い入れは非常に強い。“彼らのために、なんとしても大きな花火を打ち上げてあげたいんだ”と意気込んでいました」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2016年5月26日号

【関連記事】
SMAP分裂 出ていく4人が得る利益は決して多くない
金スマで高級寿司150人分差し入れの中居正広 収録では緊張
SMAP極秘会合 草なぎ「香取と行動」で香取「中居に任せた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP