ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オフライン利用に対応したAndroid用の世界地図アプリ「HowTravel」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HowTravel は 5 月 12 日、オフライン利用に対応した Android 用の世界地図アプリ「HowTravel-GPS 海外地図」をリリースしました。HowTravel は、都市別の用意された地図データを事前にダウンロードすることで、オフラインの状態でも地図を表示したり、GPS を利用したルート案内ができるアプリ。現在提供されている地図データは世界 370 都市で、100 万件のスポット情報と 5,000 件の詳細情報をオフラインの状態でも確認できます。機能面では、「観光」、「ショッピング」、「グルメ」といったジャンルを指定して検索できる「簡単検索」機能や、地図上でホテルの予約ページにアクセスできる機能も搭載しています。「HowTravel-GPS 海外地図」(Google Play ストア)

■関連記事
カスペルスキー、法人向け「Kaspersky Security 10 for Mobile」でAndroid for WorkやAndroid 6.0をサポート
いいよねっと、GarminのGPSスポーツウォッチの新モデル「ForeAthlete 630J」「ForeAthlete 230J」、リストバンド型活動量計「vivofit3」を6月8日に国内発売
2016年Q1の欧州主要5カ国におけるスマートフォン販売シェア、Androidは75.1%(Kantar調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP