体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新感覚肉祭り】グアムで覚えてきたぞ! 見よう見まねのチャモロ料理&アレンジレシピ【料理解析】

f:id:Meshi2_IB:20160425164335j:plain

妻の帰国

某日、妻はマリアナ諸島のグアムへ。私はひとりお留守番。

f:id:Meshi2_IB:20160425164336j:plain

「今日のコロッケは上手くできたなぁ」などとご満悦でホッピー片手にマッタリしていると…

「シュタッ!」

華麗にテレマークをキメて、妻がグアムから帰国。

義弟くんの結婚式から帰ってきたのです。

「グアムの料理をおぼえて来たから!」

「……ほほう」

「『チャモロ料理』をお見舞いするわよ!」

「チャモロ料理」とはなんぞや

「チャモロ料理」とはマリアナ諸島の郷土料理。グアムやサイパンが有名です。

レッドライス(アチョーテの実で赤く色づけされたご飯)やケラグエン(鶏や魚等の具材を細かく刻んで、ココナッツ、塩、唐辛子等で味付けした料理)等が代表的な料理。

この地域の伝統料理がスペイン、アメリカ、日本等の影響を受けて進化したそうです。

「その中でもフィナデニソースというのを再現します! このソースで色々な肉をいただく、新感覚な祭りを開催しようかと」

「祭ですか!」

「フィナデニソース」は醤油ベースの酸っぱ辛いソース。グアムではこれをステーキや焼き魚にふりかけていただくそうです。

さっそく作ってみましょう。

[材料]

ホワイトビネガー 50cc 醤油 150cc 玉ネギ(みじん切り) 1/2個 ニンニクすりおろし 大さじ1 RED MAMA 大さじ1 または唐辛子の小口切り4~5本(お好みの量) 細ネギ 2~3本 ライムの絞り汁 1/2個分 シークワーサー果汁 大さじ1(又はレモン果汁)

f:id:Meshi2_IB:20160425165013g:plain

上記の材料を混ぜて、すぐ食べられますがだいたい1~2時間おいて味が馴染んできた頃がおススメ。

f:id:Meshi2_IB:20160425164338j:plain

牛のステーキや羊肉、鶏に豚と大概どんな肉にも合います。

これをかけるとどの肉もサッパリと食べられ、いつもより多めに食べてしまいます。

f:id:Meshi2_IB:20160425164339j:plain

グアムの魔法ペースト

さて上記の材料の中で「RED MAMA」というものに注目してください。唐辛子をベースに作られたペースト状のペッパーソース。このまま直接肉につけて食べても美味しいし、フィナデニソースも唐辛子よりこのソースを使った方が香りが良くなります。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。