ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「わざとだよ?」狙った男は落とさない!あざといモテ女子が使っている3つの技術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、トイアンナです。突然ですが「人生で出会ったあざとい女性」と言われたら、あなたは誰を想像しますか?

私が思い起こすのはクラスにいたこんな女性像です。

 ・クラスの女子から嫌われないよう最低限は気を配る
・でも、男子には結構媚びている
・友達の彼氏でも親しく近寄り、狙った男は逃さない
・「彼から迫られちゃって……」と自分は責められないよう上手く逃げる

単にリストアップすると、最低としか言いようのない女性たち。でも狙っていた彼を横から奪われ怒り狂っても後の祭りです。

ここは発想を逆転させて「あざとい女」からテクニックを盗んでみるのはいかがでしょう?
今回、実際にあざとい女性からヒアリングしてわかった、ロックオンした男性を必ず落とす、秘密のテクニックを教えてもらいました!

 

あざといテク1 意外な欠点を見せる

「美人だね、モテるでしょ?」

「バリバリ働いてて、賢そう」

一見褒め言葉に見えるこれらのセリフ、男性から女性に投げかけられたときは「この子はハードルが高そうだから、俺が口説くのは無理かもしれないな」というギブアップの印でもあります。

そんなとき、あざとい女性は意外な欠点を見せることで「私の敷居、そこまで高くないですよ」アピールをします。

たとえば「美人って言っていただけて嬉しいんですけど、実は寝顔がすっごいマヌケなんですよ」とか「賢そうってよく勘違いして頂くんですけど、自動車免許5回落ちちゃって」といったものです。こういった可愛い欠点を見せられると、男性もリラックスして話しかけることができます。

 

あざといテク2 彼の横でかわいく眠る

眠るという行為は、そもそも一緒にいる相手を信頼していないとできません。逆に眠っているところを見せられた男性は「俺って信頼されてる?」とドギマギします。といっても2人きりの場所で寝るのは「誘っているのか?」とあらぬ誤解を招きます。

そこであざとい女性が使うのは、飲み会のちょっとした席で「少し酔っ払って、眠くなっちゃった~」と10分だけ眠るテク。飲み会を邪魔せず、隅で可愛く眠る姿が彼へ安心感を与えます。泥酔していると勘違いされないように、寝た後はきちんと飲み会へ復帰しましょう。

 

あざといテク3 喜怒哀楽を「ふんわり」見せる

人とはワガママなもので、喜怒哀楽がコロコロ変わる女性を「可愛い」と思ういっぽう、あまりに感情の変化が激しいと「情緒不安定なのかな」と遠ざけたくなります。だからこそ見せたいのが「ふんわりした喜怒哀楽」です。

具体的には、こういった言葉で「可愛い」と思われるふんわりした喜怒哀楽を見せます。

「可愛いねこれ、もう1つ買っちゃおうかな?」

「もう、なんでそういうことするかなぁ」

「そういう話を聞くと、さみしくなっちゃうね」

「今日話してるのが楽しすぎて、時間がこんなに過ぎちゃった」

これらの発言は一見素直な言葉遣いに見えて、感情をやんわり伝えています。嬉しいときも「ヒャッホー!!」と叫ぶのでなく「可愛いね」くらいのワントーン下げた感情表現にするだけで、相手には「素直で、情緒が安定している人」に見えるのです。

 

特にヒステリックに怒っている姿を見てしまうと、男女問わず「えっ、怖いんだけど」とドン引きしますよね。あざとい女性はそれを判っていて「そういうの、次はなしだよ」といったやんわりとした表現を選びます。

 

おわりに

ここまで、あざとい女性が使っている秘密のテクニックを3つお届けしてまいりました。狙った男性を必ず落とす……というとまるでスナイパーのようですが、これらのテクニック自体は仕事や家族関係にも使えるコミュニケーションの知識です。ぜひ恋愛でここぞというときに使いこなして、彼の気持ちを掴んじゃいましょう!

 

 

》トイアンナ のその他の記事はこちら

ライター:トイアンナ
トイアンナのぐだぐだ(http://toianna.hatenablog.com/

関連記事リンク(外部サイト)

既読スルーも当然!思わず彼氏が返事をためらう…ダメなLINEと改善策3つ
「可愛い子」に異変あり!?男性自身も気付かない意外な「可愛さ」の条件4つ
恋愛倦怠期?ラブラブ期?長続きするカップルの3つの特徴
彼氏とお風呂に入る女性は結構多い!?カップルのお風呂事情を大調査
<心理テスト>ちゃんと見えてる?あなたの恋愛視力はおいくつ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP