ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016夏のトレンド完全制覇!セルフペディキュアの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この夏イチオシのペディキュアだって、セルフでできる♪

夏の足音がしっかり聞こえてくる季節。
海、花火、ライブ、キャンプ、レイブパーティー…! 待ちきれないイベントがぎゅうぎゅうで、いても立ってもいられない。
夏って素敵、夏って最高!!
こんな夏の出会いにときめきながら、そろそろペディキュアを楽しんでみてはいかがでしょう?
今回ご紹介するのは自分でできてしまう、セルフペディキュアアート3種類です。
「サロンでやったんでしょ!?」と言われてしまうくらい、今年の流行をばっちり押さえたデザインです!
不器用さんでも大丈夫。ポイントをおさえれば、簡単に完成度高く仕上がりますよ。
Just try them!

 

2016流行のシースルーネイル「See-through Heat シースルーハート」

2016年に大流行のシースルーをペディキュアに。大人可愛くも、シャープなホワイトがキレる!
①ベースコートを塗り、アクリル絵の具のホワイトでランダムな横線を入れます。
はみ出しや失敗はエタノールを含ませたコットンでふき取ると簡単に取れます。
②透け感の強いパールホワイトのマニキュアポリッシュを2度塗りします。
※ポイント:新しいマニキュアポリッシュでも30分程「しっかり乾かす」こと。
③乾かしている間に、マスキングテープをはさみで切り抜き、ハートを作っておきます。下地がしっかり乾いた爪にハートを貼り、ホワイトのマニキュアポリッシュを塗ります。
※ポイント:シールやセロハンテープは接着力が強すぎるので、マスキングテープを使いましょう(文房具店で購入可)。
ハートのふちはしっかり貼りつけ、ホワイトが侵入しないように! ハートの中心は、軽く貼っておくだけで十分です。
④ホワイトのマニキュアポリッシュは乾きづらいので、慌てずしっかり1時間くらい待つか、速乾タイプのものを使いましょう(完全に乾くのに10分程度の商品もあります!)。
ホワイトが乾いたら、ハートシールをピンセットなどでそっと剥がします。
⑤ゴールドのラメラインでハートを縁取りします。
⑥スタッズやラインストーンをトップコートでつけ、全体にトップコートをかけて完成!
※ポイント:楊枝に少しだけトップコートをつけてストーンを取ると、作業しやすい♪

 

大地の力を感じる「From the earth フロム・ジ・アース」

こちらは、大地の力を感じるアースカラーとソフトスネーク柄。ターコイズとパールで女にキマル!
①ベースコートを塗った後、ブラウン系のカラーポリッシュを2度塗りします。
②アクリル絵の具のホワイトに少し水を足して混ぜ、レースの「凸凹のない側」になじませます。
※ポイント:レースは伸びるタイプで、目が粗いほうが良いです。絵の具の上にレースを乗せて、指で絵の具をなじませると簡単です。
③爪の上にレースを押し当て、指で押して柄を写していきます。
※ポイント:剥がす時に引きずらないよう、真上に剥がしましょう。神経質にならずに、自然にできた柄を楽しむ気分で!
④ソフトスネーク柄が物足りない部分だけ、筆で描き足してもよいです。あまり神経質にならずに…
⑤ゴールドのラメライナーでラインを入れ、パールとターコイズ、ラインストーンをトップコートで着けます。全体にトップコートを塗って、完成!
※ポイント:必ずターコイズを入れること。今年っぽいエキゾチック感が出せてかっこいい!

 

今人気のタッキースタイル「Cheerful Monsters チアフル・モンスターズ」

人気爆発のタッキー(悪趣味、悪乗りな)スタイル! 元気なモンスターペディで実現♪
①ベースコートを塗り、ホワイトのマニキュアポリッシュを2度塗りします。
※ポイント:ホワイトは乾きづらいので、速乾タイプのものを使用するのがおすすめ!
②①が乾いた後、オレンジのマニキュアポリッシュで半円を描き、2度塗りします。
③手芸店などで売っている「きょろきょろ目玉」をトップコートで着けます。
※ポイント:10個で100円程度なので安い♪ 着けるだけで、可愛い悪趣味スタイルに。
④アクリル絵の具のブラックとホワイトのみで、口やまつげなど、筆でいたずら描きしましょう。
※ポイント:アクリル絵の具を水で溶いて使用します。水彩絵の具では「ひび割れ」するので注意。
小さな丸や点は楊枝の頭や先端で、ポツポツ置くように描くと簡単です。
⑤アクリル絵の具がしっかり乾いたら、全体にトップコートを塗って、完成!
ペディキュアだったら、いつもは躊躇してしまうカラーやデザインにも挑戦できますよね。
お友達の「ええ!自分でやったの〜〜!!」と驚く顔を想像して、簡単で楽しいセルフペディキュアの時間をお楽しみください♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP