ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジファブリックの山内総一郎がフェンダー社とエンドースメント契約を締結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フジファブリックの山内総一郎(Gu&Vo)がフェンダーミュージック株式会社(以下フェンダー社)とエンドースメント契約を結んだことが明らかになった。

山内は、1954年にフェンダー社が開発したストラトキャスターを始め、様々なフェンダー製品を愛用しており、昨年4月にはフェンダーギタークラフトの最高峰、マスタービルダーのジェイソン・スミスによって本人用に特別なストラトキャスターが製作された。今回のエンドースメント契約を機に、フェンダー社は山内のアーティスト活動を全面的にサポートしていき、山内もアンバサダーとして活動していく。

これまでにフェンダー社とエンドースメント契約を結んでた日本人ギタリストはChar、Ken(L’Arc~en~Ciel)、INORAN(LUNA SEA)、TAXMAN(THE BAWDIES)といった名だたるアーティストばかり。今回の契約に関して、山内総一郎とフェンダー社代表Edward Coleよりコメントも届いているので、是非チェックしてほしい。

なお、フジファブリックは5月11日にニューシングル「ポラリス」を発売。このレコーディングでもフェンダー社ストラトキャスターが使用されている。

今後のフジファブリックは、5月17日より全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2016″三日月ADVENTURE”』と、今年で3年目の開催となる自主企画の『フジファブリック 2マンライブ フジフレンドパーク2016』の開催を発表しており、フジフレンドパークの対バン相手であるSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとのセッションにも注目が集まっている。

山内&Edward photo by Reishi Eguma

写真提供:GiGS

【フェンダーミュージック株式会社 代表取締役社長 エドワード・コールよりコメント】
山内総一郎という素晴らしいギタリストをフェンダーファミリーに迎えることができて光栄です。

彼はフェンダーの楽器や歴史はもちろん、現在のスタッフやクラフトマンといったフェンダーチームを愛してくれています。

歩みをともにすることで、多くの人たちに”楽器をプレイする”ということの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

【フジファブリック 山内総一郎よりコメント】
初めて買ったギターはフェンダーのストラトキャスター

今弾いているギターもフェンダーのストラトキャスター

フェンダーのギターをずっと弾いてきてよかった。

この素晴らしい出来事を糧に、これからも歩みを止めることなく

フェンダーのギターで魂の籠った音楽を届けていきたいです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP