ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイ監督、米20世紀フォックスによる映画『Irredeemable(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米20世紀フォックスは、Boom!コミックスの原作をもとにした映画『Irredeemable(原題)』に、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の脚本・監督を務めたアダム・マッケイを起用することを決定した。

同作は、映画『ヘンゼル&グレーテル』の脚本・監督を務めたトミー・ウィルコラが脚本を執筆中だ。マッケイは、『マネー・ショート』でチャールズ・ランドルフと共に第88回アカデミー賞脚本賞を受賞した。

プロデューサーには、Boom!スタジオのロス・リッチー、ステファン・クリスティーに加え、ゲーリー・サンチェス・プロダクションのマッケイとケビン・メシックが名を連ねる。アダム・ヨエリンは共同プロデューサーを務める。Boom!スタジオは、米20世紀フォックスとのファースト・ルック契約を交わしている。

マーク・ワイドが手掛けたコミック『Irredeemable(原題)』は、2009年から2012年にかけて合計37号が発行され、地球に住む人類の虐殺を始める堕落したスーパーヒーローのプルトニアンが物語の中心となる。プルトニアンの元同志達であるスーパーヒーロー集団のパラダイムが、大暴れするプルトニアンを阻止する方法を見つけようと試みるが、誰一人として世界を人質にとる狂人のプルトニアンほど強くない。そこでパラダイムは、一か八か有名なスーパーヴィラン(悪役)に助けを求める。

マッケイがこれまでに監督した作品には、映画『俺たちニュースキャスター』、映画『タラデガ・ナイト オーバルの狼』、映画『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』、映画『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』、映画『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』がある。

ウィルコラは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、プリンシペイト・ヤング・エンターテイメント、弁護士のマイケル・シェンクマンと、マッケイは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、モザイクとそれぞれ代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP