ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水の「硬度」って何のこと? ミネラル分で決まる硬水と軟水

DATE:
  • ガジェット通信を≫

市販されているミネラルウォーターには、多くの場合「硬水」「軟水」という水の「硬度」に応じた分類が表示がされています。この「硬度」が何を表しているのかよくわからなくても、実際にミネラルウォーターを飲んでみて「これはなんとなくまろやかで飲みやすい」とか「心なしか塩っぽい感じがする」といった違いを感じたことがある人は多いでしょう。こうした水のクセは「硬度」を見ることである程度の判断ができるようになります。

水の「硬度」は1リットル中にカルシウムとマグネシウムがどのくらい入っているかによって決まります。その計算式は以下の通りです。

【カルシウム量(ミリグラム)×2.5】 + 【マグネシウム量(ミリグラム)×4】 = 硬度

つまり、ミネラルとマグネシウムの量が多いほど「硬度」が高くなるというわけです。WHO(世界保健機関)の飲料水質ガイドラインでは、この「硬度」によって「硬水」「軟水」が定められています。

硬度60ミリグラム未満:軟水

硬度60~120ミリグラム未満:中程度の軟水(中軟水)

硬度120~180ミリグラム未満:硬水

硬度180ミリグラム以上:非常な硬水

日本の水道水はほぼすべて軟水で、水道法では硬度300以上の水は供給することを禁じています。また、ミネラルウォーターも日本のものはほとんどが軟水に属しています。一方、海外のミネラルウォーターには有名な「エビアン」(硬度304)をはじめ、硬水がバラエティ豊かに数多く存在し、なかには「コントレックス」のように硬度1468なんていう超硬水もあります。

軟水ほど口当たりが軽くて飲みやすく、硬水は硬度が高くなるほどしっかりした飲みごたえを感じ、舌触りにクセが出てきます。そのため、一般的にはご飯を炊いたり、ダシを取ったり、お茶をいれたりするのには硬水よりも軟水が向いているとされています。もちろん、ミネラル補給には硬水のほうがいいでしょう。そして、硬水もミネラルのバランスによって味わいに違いが出てきます。それぞれの個性を楽しみつつ、水の飲み分けや使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

おすすめのレシピ

料理もスイーツも、自分で作ってみたくなったら【料理サプリ】

【無料】かんたんでわかりやすい動画付きレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

世界一〝まずい〟キャンディ!? フィンランドのサルミアッキ
カロリーメイトのモデルとなった古き良き英国スイーツは?
おいしいスコーンには“狼の口”がある…ってどういう意味!?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP