体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版Google翻訳がv5.0にバージョンアップ、どのアプリでも簡単に翻訳できる「タップして翻訳」機能が追加

Google は 5 月 11 日(現地時間)、翻訳サービス「Google 翻訳」の Android 版にどのアプリから簡単に翻訳を実行できる新機能「タップして翻訳」を追加しました。「タップして翻訳」と呼ばれる新機能は、任意のアプリでテキストデータを選択し、クリップボードにコピーすると表示されるチャットヘッド風のバブルをタップするだけで翻訳結果が表示されます。翻訳結果を見る際にアプリを切り換えることもありません。「タップして翻訳」はアプリの v5.0.0 以上に搭載されており、アップデート後の初回起動時、または設定メニューで有効にできます。有効にする際には、オーバーレイ描画への許可を与える必要があります。v5.0.0 ではほかにも、初回起動時にメイン言語とよく翻訳する言語を設定し、オフライン翻訳用のデータをダウンロードできるようになりました。「Google 翻訳」(Google Play)

■関連記事
ChainFire氏の「FlashFire」アプリがADBによるPCへのバックアップやPCからのリストアに対応
Googleカメラ v3.2でRAW撮影の新オプションが発見される
Instagram、アプリアイコンとモバイルアプリのUIをリニューアル

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。