ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

囲碁七冠の井山裕太「アルファ碁で衝撃受けた手はなかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この3月、世界で3本の指に入るといわれる囲碁棋士・韓国のイ・セドル九段を4勝1敗で破った、いま注目の人工知能「アルファ碁」。この人工知能について、囲碁界で前人未踏の七冠制覇を成し遂げた井山裕太(26)はこう言及する。

「それほど衝撃を受けた手はなかったですね。つまりそこまで自分の感覚とずれや違和感がないということ。人工知能だからではなく、強いから打ってみたい。それは世界戦も同じです」

 碁盤を離れればスポーツ観戦が好きな、ごく普通の26歳だ。子供の頃は相撲が大好きで、漢字も読めないのに四股名は全部覚えた。野球はイチローのファン。そして今一番ハマっていると話すのがボクシングだ。

「使えるのが拳だけというのがいいですね。衛星放送の番組を録画して、欠かさず見ています。テニスの錦織圭選手や体操の内村航平選手が世界と戦っている姿にも共感を覚えます」

 同い年生まれの選手の活躍に自分を照らし合わせているのだろう。

 お酒も好きだ。「碁に負けると1人になりたくない」という井山は若手棋士を誘って飲みに行く。「明るいお酒で、時々若手をいじっています」とは、親友でもある村川大介八段(25)の証言だ。だが本人は「記憶にございません(笑い)」。

 仲間とのぶっちゃけ話になると口数が減る井山だが「『公の場の井山裕太は普段の井山裕太じゃない』といわれますね」と笑う。先輩棋士と戦う機会が多かった井山にとって、仲間との時間が素に戻れる瞬間なのだろう。

 普段の生活は地味だ。昨年まで5年連続賞金ランキング1位。その間だけでも約7億円を稼いだが、贅沢といえばスーツをオーダーメイドする程度。腕時計は棋戦の副賞だ。

 そんな井山に、ファンが七冠の次に託す夢は世界。「世界で一番強くなること」が井山の大目標だ。だがこの26歳の天才棋士には、勝ち負けを超越した別な夢があるような気がしてならない。井山の強さをよく知る、元棋聖の小林覚九段(57)のこんな声がある。

「彼が目指すのは勝利ではない。自分の碁を打つことだけを心がけている。これは誰にでもできることじゃない」

 作家が文章に、画家が絵に心血を注ぐように、囲碁棋士は自らが打った石に魂を込め、その結晶が棋譜(一局の全手順を示したもの)という形として後世に語り継がれる。井山は棋譜への思いが人一倍強いのではないか。そう考えれば「打ちたい手を打つ」井山の姿勢がいっそう理解できる。

「単に記録だけではなく『井山は面白い碁を打つな』と感じていただけたら幸せです」と語る井山は、七冠獲得後初の防衛戦となる本因坊戦七番勝負に早くも臨んでいる。

 まだまだ続く囲碁の道。この先にはいったいどんな風景が広がっているのだろうか。

◆いやま・ゆうた:1989年5月24日生まれ、大阪府出身。5歳でテレビゲームをきっかけに囲碁を始め、6歳で石井邦生九段に弟子入り。師匠との約1000局に及ぶネット対局と実戦で才能を開花させ、中学入学と同時にプロ入り。20歳4か月で史上最年少名人の記録を更新し、4月20日に史上初の七冠を獲得した。趣味はスポーツ観戦、好きな漫画は『名探偵コナン』、好きな芸人はダウンタウン。

取材・文■甘竹潤二 撮影■田中智久

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
囲碁七冠の井山裕太 「戦う碁」は国際戦強い中韓の影響大
米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
羽生善治氏と井山裕太氏 将棋と囲碁の天才2人が「8冠対談」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP