ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界長者番付 紗栄子と交際の前澤氏らIT系若手ランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカ版『フォーブス』で公表された2016年版世界長者番付にある日本人27人の名前をみると、浮き沈みが激しいといわれるIT業界で成功した人たちの名前がある。たとえば、ITバブルの主役として名を馳せた重田康光・光通信会長兼CEOである。
 
 1988年に24歳で光通信を創業、1999年に東証1部に上場するや、一時は時価総額7.1兆円にまで膨らんだ。しかし、2000年に不公正な契約手法などが問題視され、株価は10分の1にまで急落。その後、断行したリストラが功を奏して経営危機から脱出。2014年から3年連続で長者番付に名を連ね、今年は堂々日本人13位(2260億円)に入った。

 日本人15位(1810億円)は、ダルビッシュ有投手の元妻・紗栄子との交際でも話題の前澤友作・スタートトゥデイ社長だ。前澤氏はもともとバンド活動をしており、高校卒業後に当時交際していた彼女の留学についていく形で渡米した。

 そこで買い付けた音楽CDやレコードのカタログ通販を始め、2000年に株式会社化。2004年にカタログ通販からファッションのネット通販サイト・ZOZOTOWNの運営に切り替えると、それが当たった。

「2016年3月期の売り上げは544億円と、前期比で133億円も伸びました。ZOZOTOWNの同期の年間購入者は447万人、それを1000万人に持っていく目標を掲げています」(経済アナリスト)

 そうなれば、1810億円の資産にさらなる上積みは確実。ダルビッシュ投手がどれだけ大リーグで活躍しても太刀打ちできそうにない。

 SNS関連では、馬場功淳・コロプラ社長(18位・1360億円)、笠原健治・ミクシィ会長(24位・1130億円)、田中良和・グリー社長(24位・1130億円)の3人がランクイン。全員が40歳以下という若き億万長者たちだ。

「グリーの田中社長はソニーコミュニケーションネットワーク(現・ソネットエンタテインメント)から2000年に楽天に転職し、2004年にグリーを立ち上げました。SNSゲームのプラットフォーム会社として急成長し、2012年6月期には1582億円を売り上げました。ただ、それ以降は伸び悩み、直近の2015年6月期の売り上げは連結で924億円、103億円の最終赤字になっています」(同前)

 そのグリーから独立し、2008年にコロプラを立ち上げたのが馬場氏である。スマートフォン向けのゲームアプリなどをヒットさせ、2010年9月期に15億円だった売上高は2013年9月期には約10倍の167億円となり、2015年には723億円と急成長を遂げている。

 SNSサービスの先駆者であるミクシィは、2007年に会員数1000万人を突破したものの、その後、業績は下り坂を迎える。

「しかし、2013年の秋に提供開始したロールプレイング・ゲームの『モンスターストライク』が大ヒット。2014年3月期の売上高121億円から2015年3月期には1129億円と、10倍近い伸びを見せています。営業利益は4億8000万円から526億円と100倍以上になっています」(同前)

 笠原会長は昨年初めてランクインし、2年連続の番付入りとなった。ゲーム1本でこれほど業績が変わり、資産が激増するとは、すごい業界である。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
東電6000億円過大見積り「大した問題ではない」と大前研一氏
パチンコ向けLSI開発会社の株価に大幅リバウンド期待高まる
任天堂 営業赤字はユーザーが同社のゲームで満足しないため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP