ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刺激いっぱいの毎日を送る「7つの裏ワザ」を、米・女性起業家がオススメ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

踏ん張らなきゃーー。そう感じたときは、情熱に陰りが見えてきた頃。そう書いたのは、米・金融機関「LexION Capital」の創設者エレン・カプランCEOです。

インスピレーションを刺激するアクションが必要だとアドバイスを送る彼女。自身が尊敬する人々を参考に、いくつかの方法を紹介しています。以下、彼女の記事を転載します。

01.
黒歴史を額縁に飾る!?

調査機関「Pacific Square Research」のHerb Greenberg氏は、10年も前に受け取った解雇通知をいまだに保管している人物。それが、日々邁進するための活力となっているようです。職を失った過去を憂うのではなく、そこに書かれた文言が頭のなかで反響し、刺激になるのだとか。

苦水を飲んだ想い出を振り返ることは、成長するために必要なリマインダーの役割を果たします。もしも、心を奮い立たせるものが見当たらずに困ったときは、ショック療法だと思って試してみてください。

02.
ビジョンボードを描こう。

『オプラ・ウィンフリー・ショー』の司会者兼プロデューサーで知られるオプラ・ウィンフリーは、俳優であるほか、慈善家としてもよく知られており、国民的な人気タレントです。彼女は、ビジョンボードを毎日眺めているそう。

また、レシピ本のベストセラー作家で、テレビ番組の司会を務めるデビン・アレクサンダーも同じく。2枚のボードを個人用、プロフェッショナル用にそれぞれ用意しています。

では、なぜ夢や目標を描いたビジョンボードが必要なのか。これもリマインダーです。常に、自分の目標がなんであるのかを再確認できます。もちろんボードに描く以外の方法はあるでしょう。もし明確な目標が描かれているならば、きっとスグ行動できるはず。

03.
情熱に従うように意識する!

リチャード・ブランソンは過去にこんな発言をしていました。

「情熱を持たずに生活や仕事をしても、何の意味もない」。

あなたが踏んだ第一歩も、きっと何かに突き動かされてのことでしょう。でもそれは、毎日苦労を重ねてビジネスを回そうと歯を食いしばれば、自然と蔑ろになりやすいものなのです。時には、誰かを頼ることも大事でしょう。それがたった数分の作業だとしても。

04.
子どもっぽく振る舞ってみる。

もし冷めた毎日を送っているなら、7歳児になったかのように振る舞ってみてください。ウソのように情熱がスパークするかもしれません。「The Wall Street Journal」に掲載されたテストによれば、子どもっぽさと大人っぽさをそれぞれイメージさせたグループを比較、前者の成績が高かったそうです。新鮮な感覚で、物事を見ましょう。

05.
関係ないことを試そう。

スティーブ・ジョブズが、点と点は事前に繋げられないと語ったように、それは、あとになってわかること。彼自身、目標に関係があるかどうかに関わらず、新しいことに挑戦し続けた人物です。

やったことのない経験を積むことで、習慣の外にあるインスピレーションに触れられます。だからこそ、思いもよらなかったようなアイデアを思いつくに至るのです。

06.
メンターに頼るべし。

最年少ノーベル賞受賞者であるマララ・ユスフザイの例を紹介します。彼女にとって最高の相談役は父親でした。そのほかにも母親や家族からいつも刺激を受けては、自らの弱点をことごとく打ち倒していったそうです。彼女が持つ自信の強さは、その結果の表れだとか。

インスピレーションを感じる誰かと過ごせば、前進するきっかけが得られます。そのチャンスを掴みましょう。

07.
刺激の宝庫!
経験談を調べてみて。

起業プロモーターのAmy Applebaumが、「Ambitious Woman Success」でオススメしたのは、なんと言っても誰かの経験から刺激を受けること。例えば、J・K・ローリングの成功談はよく知られていますけど、彼女だけではありませんよね。

Licensed material used with permission by Elle Kaplan

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP