ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

錯覚、振動、スリル! 最先端のVR技術が凄い!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

錯覚、振動、スリル! 最先端のVR技術が凄い!!
J-WAVE月−木の朝9時の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。5月11日(水)のオンエアでは、最先端のVR技術を駆使した仮想現実エンターテインメント「VR ZONE Project i Can」を紹介しました。

VRとは、ヴァーチャル・リアリティの略。もう30年以上前から映画やゲームなどさまざまなコンテンツが提供されてきましたが、“VRの革命児”と言われているのがゴーグル型のVRディスプレイ「ヘッドマウント・ディスプレイ」です。

これが一般商品化されたことで、私たちが体験するヴァーチャル・リアリティの“没入感”が驚異的に増したと言われています。その最先端VR体験ができる「VR ZONE」がお台場に期間限定でオープンしました。ここでは、最新のヘッドマウント・ディスプレイを使い、まったく新しい仮想現実エンターテインメントに挑戦しています。

今回、「VR ZONE」の発案者で、“未来が見えすぎているアイデアマン”とも呼ばれているバンダイナムコエンターテイメントの小山順一郎さんにお聞きしました。

「バンダイナムコがエンターテイメントとして提供するVRは見るだけのものではないんです。自分が動いたり、乗り物に乗ったり、またはスポーツをしたりといったように、体を動かすことも一緒に体験できるヴァーチャル・リアリティを楽しんでいただけます」

車をスポーティーに乗りこなす「リアルドライブ」や、廃墟となった病院で恐怖体験を味わう「脱出病棟Ω(オメガ)」など、今までに体験したことのない6つの経験が楽しめるのですが、その中から1つ「スキーロデオ」をご紹介しましょう。

「山の山頂に連れて行かれまして、山頂からの高低差2,000mを一気に駆け下りるVRアクティビティになっています」

VRゴーグル、ヘッドホンを装着。さらにストックを握りブーツを履いて、専用の機械に乗ります。ゴーグル越しに自分を見ると、本物のスキーヤーの姿が!

乗った機械が傾くと、実際は少しの傾きなのに映像と組み合わせることで30度、40度の急斜面にいるかのような錯覚を起こすのだそう。さらに足元から突き上げるものすごい振動は、まるで崖底から吹き上げる突風のようです。そして、いよいよ一気に駆け下りるんですが…。

「ある意味突き落とされるような感じなので、奈落のそこに落ちていくような驚きを体験できます」と小山さん。

想像するだけでもすごいスリル! 絶叫マシン好きの方は、たまらない体験ができそうですね♪

【関連サイト】

「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

10年後にスマホは消える? 水口哲也が語る未来(2016年04月28日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/10-4.html

私たちの声がカタチになるかも!? 「体感型ミュージアム」が盛況なわけ(2016年04月11日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1362.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。