ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保育士不足の救世主となるか!?世界初の園児見守りロボット「MEEBO」が九州で導入開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本国内で、深刻な社会問題となっている“待機児童”。共稼ぎ夫婦の増加という局面に加え、保育士の慢性的な人手不足もその原因の1つとされている。

この問題を解決するために、生まれたのが世界初の園児見守りロボット「MEEBO(みーぼ)」。昨年11月より九州で導入。全国の保育関係者から、注目を集めている。

・多彩な機能で園児を見守り

「MEEBO」の主な機能は、次の通り。園児の命を守る、様子を記録する、一緒に遊ぶの3つだ。

まず、“命を守る”ために備えているのが、検温機能。体温計を使わず、「MEEBO」本体が非接触で園児の体温を常時検知する。昨今多発する震災を考慮し、地震速報機能も搭載。地震速報メディアと連携しているため、迅速に通知することが可能だ。

“記録”では、園児の日々の生活を自動撮影。園内で遊んでいる様子を動画で録画する他、集合写真の撮影にも対応。人の手をかけず、思い出を手軽に残すことができる。

“一緒に遊ぶ”では、その機能を最大限に発揮。一緒にダンスをするのはもちろん、園児にクイズを出すという機能も。自動認識によって園児の顔を記憶するので、慣れてくれば朝夕のあいさつもするようになる。

・ロボット保育士誕生の切り札になるか!?

ママや園児からの評判もまずまず。まだ試験段階のため、1台あたりで何人の子どもに対応できるかは未知数だが、うまく活用することによって、保育士の時間捻出にも貢献できそうだという。

ロボット保育士誕生も、そう遠い話ではないかもしれない。

MEEBO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP