ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私このままでいいの? Can I Continue My Life Like This?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

M does a lot of things.

She acts in TV and radio shows using her voice. She writes stuff. She also does yoga and dances. A little while back she was working on some theater project, too. She’d often leave me worried when she’d disappear for a week.

As far as I know, M has been living happily just as her heart wishes. She seems to be having a fun life.

But once in a while she’d start talking to me and be like, “Hey, Leo. Do you think I’ll ever get married?” or “What do you think I was born to do?” Then she’d bury her face in my fluffy tummy and mumble, “Is it okay to continue my life like this?”

Whenever she says that, I always quietly think, “Sure, why not?”

Everything will work out fine.

Cats don’t have role models for life, or an ideal life. We live each day without ever knowing what our lives will be like. Watching M living life each day, I learn that humans have to care about so many things. From what to wear and the kind of title they have, to their age and reputation.

What would I do, if there were standards like that in the cat world? I’d probably be so bored and so tired that I’d surely be yawning and sleeping way more than now.

Cats live according to their own standards.

There are winners and losers in fights. When I was a stray cat there was a time I got punched in the face by some other cat and I broke my tooth. That hurt. But just because I lost one fight, I don’t think of myself as a loser. There are no top cats or under cats (dogs have underdogs, because they are dogs). As cats, we are our own standards, so we don’t compare ourselves to others.

I have been told, that there are a variety of cats who live differently than I do. There are cats who don’t have a home, unsure if they can find food for that day. Or cats who live in a tower mansion and eat a stomach full of expensive food everyday. And then there are cats who live in a tiny apartment and eat simple food, but would once in a while chow down luxurious canned food.

I’ve experienced life as a stray cat, and as a cat with a home. Before I met M, I used to live in a warm place with a roof, but one day, out of the blue, I was out on the street. I never returned to that house again.

It sucked being a stray cat. It was cold at night, I could never find any clean water, and I slept on soil, desperate for somewhere soft to sleep on. I was so, so hungry. I walked powerlessly searching for food in smelly trash bags. I had no idea why I was on the street, with my feet touching such a hard surface. But I just kept walking.

Then one day, I was rescued by M.

The fact that I’m alive now, makes me happy.

I can eat all the cat food I want until I’m full. I can drink all the water I want, and sleep in a basket with a heavenly soft blanket. I can hear M giggle at me when I say something in my sleep. And at night, M will hug me tight in bed – I love how warm it feels.

When I was a stray cat, I had no idea what was going to happen to me. But I just focused on trying not to die.

Then, it worked out in the end. Actually, I’m pretty lucky.

So, this I can say.

Even if things are rough and you have no idea what is going to happen to you in the future. And if you’re thinking, “Is it okay to continue my life like this?”

Just focus your thoughts on what’s right in front of you.

Then, something lucky might happen someday. Kind of like how it did to me.

It’s all right. Everything will work out fine.

Leoさん(@catandthecityleo)が投稿した写真 – 2016 3月 17 7:32午後 PDT

Mは、いろんなことをしている。

声を使ってテレビやラジオに出たり、文章を書いたりしている。ヨガをやったり、踊ったりもしている。ちょっと前は舞台に関わる仕事を長いことしていて、突然一週間家を空けたりしてとても心配した時期もあった。

ぼくが知る限り、これまでMは、自分の気持ちに素直に心が感じるままに生きているようにみえる。けっこう楽しそうだ。

だけど、ふとした瞬間に、「ねえレオ、わたし結婚するのかなぁ」とか、「なにをするために生まれてきたんだろう」と、ぼくに話しかけてくる。そして、「このままでいいのかな」とぼくのふかふかのおなかに自分の顔をうずめながら、独り言を言う。

それを聞くときぼくはいつも、「いいんじゃない?」と心の中で思っている。

きっと、なんとかなるよ。

猫には、お手本のような人生や、理想の人生がない。猫として生まれてきたニャン生がどうなるかはわからないまま、ぼくらは毎日を過ごす。

Mの毎日を見ていると、人間はどうやら気にしないといけないことがいっぱいあるみたいだ。なにを着るかとか、どんなカタガキがあるかとか。年齢とか、セケンテイとか。

猫の世界にそんな基準があったりしたら、どうしよう。きっとつまらなくて、しんどくて、あくびがたくさん出て、今よりもっと眠ることはたしかだ。

猫は、自分を基準に生きている。

ケンカの勝ち負けはある。ぼくも昔、野良猫時代に強烈なねこパンチをほかのやつにくらって、歯が折れたことがある。あれは痛かった。だけど、一回ケンカに負けたからといって、ぼくは自分を負け猫と思わない。

勝ち猫や負け猫なんて、どちらもいないんだ(犬は「負け犬」がいるらしいけどそれは犬の世界の話)。猫はいつも自分だけが基準だから、ほかの猫と比べることはない。

世界には、ぼくと境遇のちがういろんな猫がいるらしい。

毎日食べ物にありつけるかわからない、家のない猫。豪華なタワーマンションに住んで高級なごはんを毎日たらふく食べる猫。そして、小さなアパートに暮らしながら、たまに高給な缶詰を食べるけど、ふだんはシンプルなごはんを食べている猫。

ぼくは、野良猫としての生活と、家のある生活の両方を味わったことがある。Mと出会う前、一度屋根のある場所に住んでいたけど、ある日突然路上にいた。その家に戻ることはなかった。

野良猫だったときはつらかった。夜は寒いし、きれいなお水にありつけないし、やわらかい場所を求めて土の上で寝た。おなかが減って減ってどうしようもなくて、くさいごみ袋をあさっては、ヨタヨタと歩いた。

どうしてじぶんの足元が今、硬い道路の上なのかさっぱりわからなかった。だけど、歩き続けた。

そしたらある日、Mに拾われた。

ぼくはいま、生きていることがしあわせだ。

ごはんはいつもおなかいっぱい食べられる。お水が好きなだけ飲めて、もふもふのブランケットが入ったかごの中で好きなだけ眠れる。
たまに、寝言をいうぼくに「ふふふ」と笑うMの声が聞こえる。そして夜は、Mがぼくをおふとんの中でぎゅっと抱きしめてくれるし、何よりあったかい。

野良猫時代のぼくは、自分がこれからどうなるんだろうとか、全然わからなかった。とにかく死なないようにすることだけを考えていた。

そうしたら、結局なんとかなった。というか、けっこうラッキーだ。

だから、これははっきり言える。

大変なことがあっても、これからどうなるかわかんなくても。そして、このままでいいのかな? と考えているとしたら。

とにかく自分の目の前にあることだけを考えていけばいいと思う。そうすれば、ぼくみたいにラッキーなことが起きるかもしれない。

大丈夫。なんとかなるよ。

■ あわせて読みたい

男子は「元彼の影」が正直しんどい
愛されメイクは今さら無理。でも、結婚したい。
久しぶり〜って素直に言える。SNSのコメント欄なら
男子は「ボディタッチ」が正直しんどい
男性の「最近、キスした?」にドキドキさせる返答
忙しいってしあわせ? Is Busy a Happy Thing?
男子は「誕生日プレゼント」が正直しんどい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP