体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30分圏内でテロ発生。「子どもが」と考えて胃が縮む思い、その緊張を溶かしたのは… by さとえみ

3月22日に起きた、ベルギーのブリュッセル空港でのテロ。

我が家はブリュッセル空港から15分〜30分ほどの位置にあります。 さとえみさんのベルギー妊娠出産体験記はこちら

そんなに近くで起こった惨劇でしたが、実はそのことを知ったのはTwitterからの心配の声からでした。

f:id:akasuguedi:20160509132029j:plain

そしてTwitterだけではなく、フェイスブックやメール、LINEなどありとあらゆるSNSからたくさんの「大丈夫ですか?」「無事ですか?」の声…。

すぐさま異常事態→テロ関連であるということが分かりました。

f:id:akasuguedi:20160509132047j:plain

というのも、この時つい先日パリのテロ犯が捕まったばかり。

コレですんなり事態が収束すればいいが、そうは上手くいかなんやないかと思っていたので心の準備はできていたのです…

…と自分でも思っていたのですが、実際にベルギーニュースで馴染みのある空港の変わり果てた姿、地下鉄の無残な焦げた跡などを見て「誰がどうみてもパニック」な状態になりました。

f:id:akasuguedi:20160509132139j:plain

全身が震え、涙が止まらず、しかしテレビのニュースを消すことも出来ず、ただただ震えて泣いていたのを覚えています。

考えるのはやはり子ども達のこと。

私達は3人の子どもを幼稚園と学校にに送り届けた後にテロのことを知ったのですが、本気で園に迎えに行こうとしたのですが夫に止められました。

何故なら、テロ発生直後から非常事態宣言が発令され不要不急の用事では外出を控えるよう勧告されていたことと、ベルギー中の学校や人が集まる公共機関にただちに警官が最低一人配備されるということを鑑み「家にいるより学校にいる方が安全」と判断したからでした。

f:id:akasuguedi:20160509132218j:plain

とはいうものの、子ども達の無事な姿を見るまでは安心できず…。

時に呼吸がしづらくなるほどの苦痛を感じました。

学校の終わる時間のなんと長かったことだろう…。

他のことなど手につかず、ただただ同じ内容のニュースを流して(涙も流して)時が経つのを待つだけ。

「もし子ども達がテロに巻き込まれたら」なんて考え始めようものなら胃が本当に縮んだかのような痛みを感じました。

「自分がテロに巻き込まれたら」というテーマより「子どもたちが」と考えることの壮絶な破壊力

「ああ、子をもつということはこういうことも想定しなければいけないんや…こういう耐えられない想いに苛まれることもあるんや…」と独身の頃には味わったことのない恐怖に心がつぶされそうになりました。

「果たして自分は子どもたちを前にして不安を伝えないようにすることはできるのだろうか?」「ちゃんと笑えるだろうか?」とも思いました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。