ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DJシャドウが5年振りに放つ新作『ザ・マウンテン・ウィル・フォール』からタイトル曲のMVが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DJ Shadow / The Mountain Will Fall (a-sya)(MSAP0034)

米ヒップホップ/ブレイクビーツ界の重鎮DJシャドウが5年振り5作目となるスタジオアルバム『ザ・マウンテン・ウィル・フォール』をNAS主宰レーベル<MassAppeal Records>から6月にリリースすることが決定しているDJシャドウ。

ゲストにヒップホップ・シーンで飛ぶ鳥を落とす勢いで大ブレイク中のMCデュオ、ラン・ザ・ジュエルズ(エル・ピー&キラー・マイク)を始め、ジャイルス・ピーターソン絶賛の英トランペッター、マシュー・ハルソール、ドイツ人ピアノ/エレクトロニック・コンポーザーのニルス・フラームなど音楽ジャンルに囚われない様々なアーティストをフィーチャーしている。

デビュー・アルバム『エンドトロデューシング』の発売から20周年を迎える今年、原点ともいえるスリリングでストイックなヒップホップ/ブレイクビーツ作品を完成させたDJシャドウ。前作、前々作に比べ硬派なブレイクビーツを多く収録し、キャリアの集大成ともいえる完璧な仕上がりとなっている。

その新作『ザ・マウンテン・ウィル・フォール』から、タイトル曲のミュージック・ビデオが公開された。
幻想的な映像と音楽に彩られた宇宙空間を漂う飛行士の壮大な旅が描かれた作品だ。

「The Mountain Will Fall」のミュージック・ビデオはこちら:

■リリース情報

DJ Shadow / The Mountain Will Fall (jake-sya)(MSAP0034)
アーティスト:DJ Shadow    (DJシャドウ)
タイトル:The Mountain Will Fall(ザ・マウンテン・ウィル・フォール)
レーベル:Mass Appeal Records / Hostess
発売日:2016年7月1日(金)(海外:6月24日)
価格:2,400円+税

<トラックリスト>
1. The Mountain Will Fall
2. Nobody Speak feat. Run The Jewels
3. Three Ralphs
4. Bergschrund feat. Nils Frahm
5. The Sideshow feat. Ernie Fresh
6. Depth Charge
7. Mambo
8. Ashes To Oceans feat. Matthew Halsall
9. Pitter Patter feat. G Jones & Bleep Bloop
10. California
11. Ghost Town
12. Suicide Pact
13. Swerve (※iTunes Bonus Track)

※新曲「The Mountain Will Fall」iTunes配信スタート&アルバム予約受付中!
iTunesボーナス1曲あり!
リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/the-mountain-will-fall/id1102657529?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

■バイオグラフィー
1973年に米カリフォルニアで生まれのヒップホップ/ブレイクビーツ・アーティスト。トリップ・ホップやアブストラクト・ヒップホップというシーンを作り上げた張本人であり、オリジナル・スタジオ作品の他、多くのミックス作品やコラボレート作品を発表している。90年代初頭に学生時代の友人、ブラッカリシャスらと共に自主レーベル<Solesides>を設立しミックステープ他自主盤をリリース。96年、ジェームス・ラヴェル主宰レーベル<Mo’Wax>から『エンドトロデューシング』でデビュー。このアルバムは現在に至るまでブレイクビーツの金
字塔作品として歴史に燦然と名を残している。99年、盟友でプロデューサーのカット・ケミストと共にファンクの7インチ・シングルのみで制作したミックスCD『ブレインフリーズ』を発表。ミックス作品史上最も重要な作品の一つと言われている。02年に発表した2作目『ザ・プライヴェート・プレス』は全米ダンスチャート3位/全英8位を獲得し世界的ブレイクを果たした。06年、ヒップホップ・カラーを強めた3作目『ジ・アウトサイダー』(全米ダンス2位/全英24位)を発表し、新たなファン層を開拓。11年、4作目『ザ・レス・ユー・ノウ・ザ・ベター』(全米ダンス5位/全英34位)を発表。16年、5年振り5作目となる『ザ・マウンテン・ウィル・フォール』をNAS主宰レーベル<Mass Appeal Records>から発表する。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。