ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BO NINGEN アートワーク公開&”VS” Live決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年初頭の日本での初ワンマン・ツアーを皮切りに、この数カ月の間にSavages, Primal Scream, The Fall等、名だたるアーティストとツアーを行った世界に誇るUK発の日本人バンドBO NINGEN。

 

今年20周年を迎えるFUJIROCK記念の年に、2013年のRED MARQUEE以来3年振りの出演が決定した事を受けてリリースされる2年振りの新曲「Kizetsu no Uta」とパリでの最新ライブ音源を含む完全生産限定紙ジャケ仕様のミニ・アルバム『Kizetsu no Uta/Live in Paris』のアルバム・アートワークが完成。

 

今作もBO NINGENギターのKohheiによるデザインだが、これまでのバンドのイメージと少し違う角度で制作された色を感じる新鮮な感触の仕上がりとなっている。

 

そして、このFUJIROCKでの来日期間中に日本の素晴らしいバンド達と対峙する怒涛の”VS”ライブが決定した。

現時点で対バンが発表になっているのは7月6日mouse on the keysだが、7月12日にも「こう来たか!」と期待を裏切らないアーティストが控えているのでお楽しみに。

 

 

≪公演詳細≫

 

BO NINGEN VS LIVE

 

*La.mama 34th anniversary 『PLAY VOL.35』

7月6日(水曜日)@渋谷La.mama

19:00開場/19:40開演

w/mouse on the keys

前売り3500円/当日4000円(1drink別途)

お問合せ先:渋谷La.mama : 03-3464-0801(受付 : 15:00〜22:00)

 

*BO NINGEN “VS” LIVE

7月12日(火曜日)@代官山UNIT

19:00開場/19:30開演

w/後日発表

前売り3800円/当日4300円(1drink別途)

お問合せ先:代官山UNIT

 

FUJIROCK FESTIVAL 2016 

BO NINGENは7月24日(日)出演

http://www.fujirockfestival.com/

 

 

 

BO NINGENKizetsu no Uta / Live in Paris

 

1728円(税込) 完全生産限定盤 紙ジャケ仕様  全6曲収録

 

01. Kizetsu no Uta

02. Slider

03. Henkan

04. Koroshitai Kimochi

05. Natsu no Nioi

06. Daikaisei Part II, III

 

Track1:NewSong

Track2,3,4,5,6:Live Track Recorded at La Cigale Paris France 2016 March 1st

 

 

 

BO NINGEN short biography

 

ロンドンを拠点に活動する日本人男性4人組サイケデリック・ロックバンド。ロンドンのアート・カレッジで出会い、結成。

UKベースに活動しているにもかかわらず全曲日本語で構成された歌詞と、70 年代サイケデリックを体現したような風貌、

ヘビーサイケ、スペースロック、ノーウェイブ、クラウトロック、ベースミュージックの要素が混然一体となって押し寄せる

グルーヴで人気を確立。これまでに3枚のフル・アルバムをリリースし、グラストンベリー、レディング、コーチェラ、フジロック、サマーソニックなど、世界各地の大型ロックフェスにも出演を果たすなど、インターナショナルなロックバンドとして高く評価されている。2016年3/4月には新作をリリースしたプライマル・スクリームのUKツアーのサポートアクトを務め、その評価と人気は今も拡大を続けている。

 

BO NINGEN 

 

Taigen Kawabe – Bass /Vocal

Kohhei Matsuda – Guitar  

Yuki Tsujii – Guitar

Akihide Monna – Drums

 

 

Information

 

Official HP ⇒  http://boningen.info/

twitter ⇒ @boningenuk

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP