体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岡田将生さんの「秘密」の初体験を聞いてみた

もし、自分の脳内を人に見られてしまったら?

楽しそうにしていても、脳の中では逆のことを考えていたり、対人関係で好意的に見せていても実は苦手な相手だったり…。自分の脳の中は自分しかわかりません。今のところ。

そして、人の脳の中を覗いてしまえるようになるの? と心配にさせられたのが2016年8月6日(土)に公開される映画『秘密 THE TOP SECRET』。さっそく、その完成報告会見へ行ってきました。

登壇したのは、生田斗真さん、岡田将生さん、松坂桃李さん、栗山千明さん、大森南朋さん、大友啓史監督。

20160511_338.JPG

印象的だったのは、大友啓史監督が、

「人の記憶は脳内で美化されていく」

と話していたこと。

『秘密 THE TOP SECRET』は、清水玲子原作の漫画『秘密 THE TOP SECRET』(白泉社刊・メロディ連載)を原作としたもの。

物語の舞台となるのは、警察庁に設置された特別機関「第九」。この「第九」では、死んだ人の脳をスキャンして、記憶を映像化する”MRI捜査”が行われており、室長を務めるのが、生田斗真さん演じる薪剛。新たに「第九」に配属された新人捜査官・青木一行(岡田将生さん)とともに、ある少女の行方不明事件を追っていくと、思いもよらない犯人が現れ、事態は急展開していきます。

他人の脳内をどう覗くのか、また、それを見た人はどうなってしまうのか。人間の未知なる領域に踏み込むストーリーはとてもスリリングです。

人は記憶を美化する生き物

20160511_211.jpg

『秘密 THE TOP SECRET』での見どころは、なんといっても、実現不可能だといわれていた脳内の映像化。

大友監督

「人は、美しい記憶はより美しく、悲しい記憶はより悲しく、自分で脳内で演出してるんですよね。でもそれがこの映画の面白さだと思う。単純に事実だけが映るわけではない。その人その人の独特の感性が見たものに影響していくというのが、物語のポイントになっています。記憶に主観が入ってくるっていうのは、他の動物にはない、感情のある人間ならではだなって思って、そこに惹かれたんですよね」

人間は自分の記憶を客観的に見ることがなかなか難しいもの。どうしても自分の感情フィルタを通して、良くも悪くも、記憶を演出してしまいます。でも、そうすることで、辛い思い出や悲しい思い出から、自分を守っているのではないでしょうか。人が前を向いて生きていくために、記憶を美化するのは大切なことなのかもしれません。

リアル感を出すため、俳優が初めてのカメラマン体験

20160511_138.jpg

不可能と言われていた脳内の映像化。それを実現させるために、撮影にはヘルメット式の主観カメラを使用しています。俳優が実際にヘルメットカメラをつけることで、人間の視野に近い映像を撮ることができたのだそう。斬新な撮影方法についての感想を話してくれました。

生田さん

「自分の呼吸と一緒にカメラも揺れるので、その映像がすごくリアルだなと思いました。スタッフがいなくて、役者だけ、なんていう撮影もしたので、かなり熱い思い出になりました」

岡田さん

「僕は少しずつカメラマンとして成長していけましたね。スタッフさんにも『岡田くんうまいね~』なんて褒められて、それがうれしかったですね」

松坂さん

「僕はうまいねとは言われなかったんですが…。むしろすごく難しいなと思いました。目線の微妙な角度によって見せ方が変わってくるんで、カメラの世界ってほんとにシビアだなって改めて感じました」

大森さん

「新鮮な気持ちでした。画のなかで何が必要なのかに気を使いましたね」

4人とも、初体験の撮影方法に刺激をうけたとのこと。さらに、今回は俳優陣がヘルメットカメラで撮影したということで、エンドロールの「脳内映像撮影」というパートにクレジットが!

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。