ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少女漫画ファン必見! 萩尾望都SF原画展が開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が、東京・武蔵野市立吉祥寺美術館にて開催中。期限は5月29日まで。

1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都。
竹宮惠子や大島弓子など同時期に人気を集めた漫画家らとともに、「花の24年組」と呼ばれ、1970年代の少女漫画黄金期を築いてきた。
本展では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、200点を超えるSF原画が大集合する。惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都が描きだした星々が煌く、夢の展示空間を堪能したい。

『萩尾望都SF原画展
宇宙にあそび、異世界にはばたく』
2016年4月9日(土)~5月29日(日)
会場:東京都 吉祥寺 武蔵野市立吉祥寺美術館
時間:10:00~19:30
休館日:4月27日、5月25日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP