ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知ってた?ヘアカラーの選び方とホームカラーの裏ワザ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

間違いだらけのヘアカラーの選び方

間違いだらけのヘアカラーの選び方と、市販ヘアカラーの裏ワザについてご紹介します。
すごく単純なことなんですが、美容師さんでも理解してない方がいます。
髪の色を決める時、ヘアカラーの毛束サンプルを見て色を決めていきますよね? もしくは美容師さんにお任せだったり…なんてことも!
みなさんが忘れているのが、今現在の髪の色なんです。これが1番大切なんです。
例えば、色画用紙の上に黄色を塗ったとします。色画用紙の色+黄色=仕上がり色です。
なんとも当たり前なんですが、サンプル毛束の色に注目しすぎて、実際の仕上がり色が微妙になってしまった…そんな経験ありませんか?
ベースの髪の色は人によってかなり違います。毎度、アッシュ系カラーを希望していても何故か普通の茶色に仕上がってしまうことも。
そうならないためにも、今現在の髪の色を見極める必要があるんです。簡単に書きますね。
「今現在の髪色+選択したヘアカラー剤の色=仕上がりの色」
失敗例でよくあるのが、緑系のヘアカラーを選択して、顔周りの毛が細く染まりやすい人の場合。顔周りだけ色が緑に仕上がったりする時があります。
このように同じ人であっても、ベースの髪の色を見極めないと仕上がり色がイメージと違う場合があります!
ロングヘアーの場合は特に根元、中間、毛先とベースの色の状態が違いますから注意が必要です。

 

ホームカラーで染める場合の裏ワザ

もちろん綺麗に染めたい場合は美容室で染める方がいいですからね!
美容室で使うヘアカラーと市販のヘアカラーは違います。
違いは、今現在のベースの髪色に合わせた色の調合ができるということです。市販のヘアカラーはそれができません。
ここで「黒目が濃い黒の人」はメラニン色素量が多い人で、市販のヘアカラーの仕上がり毛束より、ややオレンジがかった仕上がりになることがあります(ブリーチされている場合は除く)。
逆に「黒目が薄い茶色の人」は比較的希望通りになりやすいです。
「黒目が濃い黒の人」は市販ヘアカラーの色だと染料が足りないかもしれません。そこで裏ワザですが、ヘアカラーの1液と2液を混ぜることでヘアカラーができるのですが…
1液=染料・アルカリ剤・界面活性剤
2液=過酸化水素
この様になっています。ですから、黒目が濃い黒のメラニン色素が多い方は染料が多めに必要なんです。
混ぜる時に2液の量を少し減らすことで染料が濃くなります。ただし、2液を減らし過ぎるとヘアカラーの反応が起きなくなるので注意です。
(メーカーにより違いますので、2液の配合目安は控えさせていただきます。)
放置時間は40分は置いた方がいいでしょう!

 

コレは控えて!ヘアカラー後の注意点!

ヘアカラーをしてすぐにヘアアイロンなど何度も使うと、その度に染料が毛髪内部の水と一緒に外に出るので、色が薄くなります。さらにヘアカラー時に残る毛髪内の残量アルカリにもヘアアイロンの熱はダメージにつながります。過度なヘアアイロンはほどほどにしましょうね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP