ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイルスとグラスパーの“時空を超えた共演”作からジョン・スコフィールドとレディシ参加曲試聴スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20世紀のジャズ・ジャイアンツ、マイルス・デイビス生誕90年にして没25年。そのメモリアル・イヤーにロバート・グラスパーが手掛けるマイルス・トリビュート最新作『エヴリシングス・ビューティフル』が5月25日に日本先行発売される。このアルバムから孤高のジャズ・ギタリスト=ジョン・スコフィールドとレディシが共演したトラック「アイム・リーヴィング・ユー」の試聴がスタートした。

 本作は、新世代ジャズ・シーンで鮮やかな活躍を続けるグラスパーが米コロンビア・レーベルのテープ保管庫でセレクトしたマイルスのオリジナル録音をベースに再創造した意欲作となっている。アルバムはマイルス・デイビス&ロバート・グラスパー、ダブル名義での発売となるが、他にもスティーヴィー・ワンダー、エリカ・バドゥ、ビラル、フォンテ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ、キング、ジョージア・アン・マルドロウ、イラ・Jといったマイルスの遺伝子を受け継ぐ多彩な顔ぶれのアーティストたちが参加している。

 視聴をスタートした「アイム・リーヴィング・ユー」は、個性派ゲスト・アーティスト達の中で唯一、マイルスと共演歴のあるジョン・スコフィールドが参加した原点回帰といえるナンバーで、歌詞を書いたレディシのソウルフルなヴォーカルが際立ち、濃厚なR&Bテイストを放っている。

 グラスパーは「マイルスが“ちょっと待て/Wait a minute!”と言ってるテープを見つけたんだ。こんな単純な言葉に彼ならではの空気感やなんとも言えないリズム感が詰まっていて、これを中心に曲を作ろうと思ったのさ」と、マイルスの会話からヒントを得て作曲したことを明かしている。レディシが歌詞を書き、レニー・ホワイトのドラムスをブラック・ミルクがサンプリングしたビートにのせて繰り返し挿入されるマイルスの肉声「wait a minute ,wait a miniute」が、絶妙なリズムを生み出すこの曲は、マイルスとグラスパーが共演を楽しんでいるかのようだ。

 現在アメリカで公開中のマイルス初の伝記映画『マイルス・アヘッド(原題)』は12月に日本公開が予定されており、サントラには、グラスパーが音楽監督の一人としてクレジットされ、マイルスの代表的ナンバー11曲(※オリジナル音源/一部抜粋編集)とグラスパーの新作が収録されている。

◎リリース情報
『エヴリシングス・ビューティフル』 
マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー
2016/5/25 RELEASE
2,200円(plus tax)

<収録曲>
1. トーキング・シット 
2. ゲットー・ウォーキン feat.ビラル 
3. ゼイ・キャント・ホールド・ミー・ダウン feat.イラ・J 
4. マイシャ feat.エリカ・バドゥ 
5. ヴァイオレッツ feat.フォンテ 
6.リトル・チャーチ feat.ハイエイタス・カイヨーテ
7. サイレンス・イズ・ザ・ウェイ feat.ローラ・マヴーラ 
8. ソング・フォー・セリム feat.キング 
9. マイルストーンズ feat.ジョージア・アン・マルドロウ 
10. アイム・リーヴィング・ユー feat.ジョン・スコフィールド&レディシ
11. ライト・オン・ブラザ feat.スティーヴィー・ワンダー 

◎公演情報
【ロバート・グラスパー・エクスペリメント】
ビルボードライブ大阪
2016年7月20日(水)~7月21日(木)
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30
詳細:http://bit.ly/24Kp0LX

ビルボードライブ東京
2016年7月25日(月)~7月27日(水)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30
詳細:http://bit.ly/1TzMImA

※初出掲載時に開場・開演時間に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

関連記事リンク(外部サイト)

宮崎の野外フェス【UMK SEAGAIA JamNight2016 “Jazz Night”】、ロバート・グラスパー・エクスペリメントら出演者6組を発表
ロバート・グラスパー×西本智実、ジャンルの垣根を超えた注目オーケストラ・コンサートのリハーサルを潜入レポート!
ロバート・グラスパー・エクスペリメント大阪公演初日レポート グラミー賞R&B部門も2度制してきたジャンルレスな現在進行形ジャズ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP