体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5/16付ビルボードジャパンチャートおよび5/2〜5/8 RADIO ON AIR DATA発表

5/16付ビルボードジャパンチャートおよび5/2〜5/8 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による5月16日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年5月2日〜5月8日)および2016年5月2日〜5月8日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

Sexy Zone「勝利の日まで」が西野カナを押さえ総合1位獲得、欅坂46総合3位に上昇

Sexy Zone「勝利の日まで」は、シングル・セールス1位、PCの読取回数を示すルックアップで1位とフィジカル領域で強さを発揮、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。西野カナ「あなたの好きなところ」は、ストリーミング1位、ダウンロード2位と、こちらはデジタル領域での強さは変わらず、Twitter、動画再生でもそれぞれ8位と依然好調で、総合2位を守っている。

デビュー・シングルとは思えない強さを発揮しているのが、欅坂46「サイレントマジョリティー」。シングル・セールス7位、ルックアップ2位と、アイドルらしくフィジカル領域での強さと同時に、ダウンロード10位、ストリーミング6位、Twitter11位、動画再生2位と、デジタル領域でも強いことが特徴。キャラクターと相まって楽曲のインパクトでも広く支持を集めている。

総合順位をジワリジワリと上げているのがケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」。総合順位では、25位に初登場後、14→13→8→7→9→5位と着実に順位を上げている。『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』の主題歌と、ダチョウ倶楽部が出演するMVとを追い風としながら、今週ではダウンロード5位、ストリーミング2位、ルックアップ3位、動画再生4位など、全ての指標でバランス良くポイントを積み上げていることから、当曲が世代を超えた訴求に移行していることが分かり、秦基博「ひまわりの約束」のようなロングヒットに繋がるか、今後の展開に注目だ。

ケツメイシがアニメチャート首位に返り咲き映画『ズートピア』から主題歌2タイトルがチャートイン

今週のビルボードアニメチャート“Hot Animation”は、『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌、ケツメイシの「友よ〜この先もずっと…」が5月9付“Hot Animation”2位から、みごと1位に返り咲いた。

今週で7回目のチャートインとなる「友よ〜この先もずっと…」はパッケージ発売前から、ダウンロードなどでポイントを重ね“Hot Animation”にチャートインし、今回の集計期間では4月25日付けのチャート以来、2回目の首位獲得となった。2位、5位には映画『ズートピア』の主題歌「トライ・エヴリシング」が、Dream Ami、シャキーラの2アーティストでチャートイン。シャキーラは、前回14位より大きくジャンプアップしており、GWで賑わった映画の影響を受けた形となった。

billboardJAPANチャートは映画の公開など、楽曲の接触とセールス合算で生成をしており、様々なトピックスの影響を受ける。そのため、パッケージ発売を控える6位ワルキューレ「いけないボーダーライン」はセールス指標の伸び率によっては、さらなる順位アップも考えられる。

11位以降には初チャートインが4タイトル続く。和島あみ「幻想ドライブ」(TVアニメ『迷家-マヨイガ-』OPソング)、焚吐「ふたりの秒針」(TVアニメ『名探偵コナン』EDソング)、petit milady「青春は食べ物です」(TVアニメ『パンでPeace!』OPソング)、LAMP IN TERREN「innocence」(アニメ映画『亜人 -衝突-』主題歌)が、虎視眈々とチャート上位を狙っている。今後のチャートアクションにも注目したい。

大ヒット中『ズートピア』の主題歌が堂々の洋楽チャート1位に、話題のナンバー4曲初登場

大ヒットを記録しているディズニー最新作『ズートピア』のシャキーラによる主題歌「トライ・エヴリシング」がチャートイン2週目にして、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”初の首位を獲得した。

4月23日に公開され、国内興収30億円突破したディズニーによる最新作『ズートピア』。今作の英語版主題歌となる「トライ・エヴリシング」は、同作で美しきポップスターのガゼル役を務めたシャキーラが担当。“失敗したっていいから、やってみるの”というポジティヴなメッセージとキャッチーなメロディがうけ、映画の大ヒットとともに、デジタル・セールスや動画再生回数が急上昇してのエントリーとなった。今週エアプレイ・チャートでは大幅にポイントが下落してしまっているが、ラジオ・ヒットとなれば、息長いチャート・アクションも期待できるだろう。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。