ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USB・Micro USB・Lightningが全部使える!1本で3役の「MAGiO」ケーブルが超便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android、Appleデバイスの両方を使うユーザーにとっては、Micro USBLightningケーブル端子が違うのがわずらわしく思うこともあるだろう。

・1本で3役のオトクなケーブル Indiegogoで出資を受付中!

「1つのケーブルで両方使えたらいいのに」、そんな願いを叶えてくれるのがAndroid・Apple用ケーブルが1つになった「MAGiO」。現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中だ。

これがあればAndroid・Appleのスマートフォンやタブレットを同期させたり、いざというときにはAndroidスマートフォンを予備バッテリーとして充電をおこなったりもできる。

・USBに“Micro USBコンバーター”をドッキング

「MAGiO」ケーブルの一方の端がLightning、もう一方の端がUSBになっていて、このUSB部分に“Micro USBコンバーター”をドッキングさせることで、Micro USB端子に変身させることができる。

ナイロン製ケーブル、固体銅製のワイヤーでできており、ケーブルの長さは1メートル。

カラーは黒・白から選べるが、達成出資金額が2万ドルを超えた場合には、ゴールド・シルバー・ピンクの3カラーも追加される予定だ。

・1年間に渡って動作確認テストを実施

リリースまでの約1年間、Android ・iOS両方のアップデートに対応できるかテストを継続しており、Android 6.0 MarshmallowやiOS 9.3.1でも動作が確認されていて、その機能は立証済みだという。

順調にいけば、6月には提供開始予定で、6ドル(約650円)~出資を受け付けている。

1本あれば、スマートフォンやタブレット、PCなど、あらゆる電子デバイスに接続できるようになり、大変便利なシロモノになりそうだ。

MAGiO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP