体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイケル・シャノン、ギレルモ・デル・トロ監督の恋愛映画に出演交渉中

michael-shannon-2

マイケル・シャノンは、米FOXサーチライト・ピクチャーズが製作し、ギレルモ・デル・トロ監督が手掛ける不思議な恋愛映画(タイトル未定)への出演を交渉中だ。

『The Shape of Water(原題)』というタイトルになると噂されている。舞台設定は1963年で、シャノンは悪役を演じる。サリー・ホーキンス演じる口のきけない研究員が、捕らえられた水陸両生の男と恋に落ちる。

リチャード・ジェンキンス、オクタヴィア・スペンサー、マイケル・スタールバーグの出演が決まっている。デル・トロが監督を務め、映画『パシフィック・リム』、映画『クリムゾン・ピーク』で一緒に仕事をしたカラム・グリーンと共にプロデュースも手掛ける。

シャノンは、ジェフ・ニコルズ監督の映画『Midnight Special(原題)』、リザ・ジョンソン監督の映画『Elvis & Nixon(原題)』に出演し、ザック・スナイダーの映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではゾッド将軍を演じた。

米ユニバーサル・ピクチャーズはシャノン出演の映画『Frank&Lola(原題)』の権利を、サンダンス映画祭で200万ドルで購入した。

シャノンはCAA、ウェツェル・エンターテイメント、モリス・ヨーンと代理人契約を結んでいる。このニュースは、The Warpが最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。