体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】都会の喧騒を忘れてリフレッシュ! 四季折々を感じながら過ごす、茶屋でのひととき。

f:id:mesitsu_lb:20160311121628j:plain

突然ですが、ムショーーーーーーに、甘いものが食べたい、、、、。

うん、和菓子な気分だな。

よし、どこかおいしい甘味処を思い出そう。

「…… …… ……。」

ヤバイ、糖分不足で、脳ミソが働かない。

落ち着け、俺。

落ちついて、おいしい甘味処を思い出そう。

「…… …… ……。」

駄目だ。

全然、脳ミソが働かない。

Give me 糖 ~!!!!!!!

Give me 甘いモン~ !!!!!!!

という叫びが届いたか、どこからともなく、神々しい声が。

「お宮参りに、おイキナサーイ」。

「まずは、神に祈りなサーイ」。

「御意っす」てことで、やってきました「愛宕神社」

f:id:mesitsu_lb:20160311121542j:plain

まずはお参りを。「いつも見守って下さり、ありがとうございます」。そして、「わたくしめに、おいしい甘味処を教えたま~え~」。

パンッ、パンッ!! 深々と一礼……。

で、頭の上に電球ピカリ!!

「思い出した!岩井屋や!

そうそう、食べたかったんは、岩井屋の和菓子や~~~」

、、、、的な、茶番に毎度おつきあいいただきまして、誠にありがとうございます。

前置きが長いメシ通レポーターの、マツウです。

神のお導きによって参りました、愛宕神社内にある甘味茶屋「岩井屋」さんが、今回のご紹介でございます。

と、その前に、都会のオアシスでお参りを

甘いモンを欲して死にそうですが、まず愛宕神社について少しお話を。

神社の創始は西暦72年。日本三大愛宕の一社で、商売繁盛・家内安全・安産成就などあらゆる願いを叶えてくれる神社です。近年では縁結びのパワースポットとしての注目度も上昇中。いつ訪れても、若いカップルや家族連れで賑わっています。都心に近い所にありながら、緑に包まれていて空気が澄んでいることも人気のひとつかもしれません。

f:id:mesitsu_lb:20160422154256j:plain

車の方は福岡市の中心部・天神から車で20分。公共交通機関を利用する場合は、福岡市営地下鉄「室見駅」から徒歩20分です。小高い丘の上にあるので、スニーカーなど歩きやすい服装をオススメします。

心も体も、解放しよう!

お参りの後は、境内の裏に回ってみましょう。

福岡タワーも望める、絶好のロケーションが広がっています!

f:id:mesitsu_lb:20160311121555j:plain

目に飛び込んでくるのは、博多湾と空の青!!

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy