ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急に予定が入っても安心! 手ぶらで駆け込めるパウダールーム3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝はバッチリだったのに、夕方すぎには崩れてしまう化粧や髪形。しかし、持ち歩く化粧品の量には限界がある…。そんな時助けてくれるのが、手ぶらで駆け込める「パウダールーム」だ。今回は有名ブランドが都内で運営するパウダールーム3施設をご紹介する。ファンケル 銀座スクエア

無添加化粧品で有名な「ファンケル」の化粧品を試すことができる場所が、「ファンケル 銀座スクエア」だ。同ビル3階の「ファンケル ビューティショップ」では、ファンケル会員であれば無料で使えるパウダールームがある。また、商品購入の際に手続きをすると、30分間使用できる。同施設ではパウダールームのほか、「ワンポイントメイクアドバイス」や「角層美肌チェック」を予約せずに無料で受けることができる。

料金:無料(ファンケル会員専用)、営業時間:11:00~20:00、TEL:03-5537-2473

▼ファンケル 銀座スクエア 3階
http://www.fancl.jp/ginza-square/beauty/SHISEIDO THE GINZA ドレッシングテーブル

2011年、資生堂創業の場所・銀座にオープンした「SHISEIDO THE GINZA」。3階建てのビルには、化粧品の販売以外にサロンやフォトスタジオ、そして有料のパウダールームを用意している。インテリアの異なる3つのブースがあり、「銀座に自分のお部屋を持つような感覚で使える半個室のパーソナルスペース」という名の通り、特別感を味わえそうだ。化粧品以外にも、ヘアアイロン(無料)やフェースタオル(有料)などを利用できる。1カ月先まで電話での予約も可能だ。

料金:30分800円(税抜/15分ごとに延長可能)、営業時間:11:00~20:00、TEL:03-3571-1443
※平日の夕方以降は予約がオススメ

▼SHISEIDO THE GINZA ドレッシングテーブル
http://stg.shiseido.co.jp/shop/2f-4/CLUXTA(クリュスタ)

「CLUXTA(クリュスタ)」は「パナソニック」が運営するセルフエステ&パウダールーム。大阪や札幌のほか、都内では池袋駅西口のショッピングモール「Echica」の地下1階にある。パウダールームは半個室で、パナソニックのドライヤーやヘアアイロンのほか、花王の化粧品を利用できる。追加料金でスチーマーや毛穴エステなどの美容家電を使った「セルフエステコース」も受けられるのも特徴。フィッティングルームもあるため、結婚式や花火大会などのイベント前の使い勝手も◎。

料金:1時間300円(20分延長ごとに100円)、営業時間:10:00~21:00、TEL:03-5956-3588

▼CLUXTA
http://panasonic.jp/beauty/cluxta/

仕事終わりだけではなく、休みの日にいつもと違う化粧品や美容家電を試しに行くのもよさそう。いざという時のためにチェックしてみては?

(松尾奈々絵/ノオト)

関連記事リンク(外部サイト)


夏直前!夏の紫外線対策の記事まとめ


健康維持だけじゃない! 美肌にも効く漢方のチカラ


農家から生まれたコスメアイテムがいまアツい !

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP