ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボールペン界の王「ジェットストリーム」、その人気の秘密にせまる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数多く販売されているボールペンのなかでも、人気が高い三菱鉛筆の「ジェットストリーム」。参加者が実際に書き味を試して、イチオシのボールペンに投票をするイベント「OKB(お気に入りボールペン)48選抜総選挙」でも5連覇を達成し、その実力を証明している。

「ジェットストリーム」の製品バリエーション

文房具好きをうならせる人気の秘密はどこにあるのだろうか? 三菱鉛筆広報担当の神崎由依子さんに話を聞いた。

「ジェットストリームには、書き味の滑らかさ、濃い描線、速乾性の3つのポイントがあります」と神崎さん。いずれもジェットストリーム用に開発されたインクが、それらを実現した特徴とのこと。それぞれを詳しく説明してもらった。

●書き味の滑らかさ
ジェットストリームは油性ボールペン。油性は、にじみづらいが書き味が重いのが特徴だ。しかしながら、ジェットストリームのインクは従来の油性ボールペンより30~50%程度、摩擦力を削減し、書き味を軽くすることに成功。そのため、使用者は抵抗なく、滑らかに書けるそう。

●濃い描線
新しい色材と顔料を組み合わせることによって、従来の2倍の黒色密度を実現。よりくっきりとした線が書けるようになった。

●速乾性
にじみづらい油性ボールペンだが、インクが乾く前に手が触れてしまうと、書いた線が汚れてしまう。ジェットストリームのインクは原材料や配合の見直しによって、従来の油性ボールペンより紙にしみ込みやすくし、速乾性もアップしている。

ちなみに、このインクが開発されるまでには、約1万パターンの組み合わせが試されたそう。インクの研究はいまだに進められており、機能が向上した場合は、製品に順次反映されているとのことだから驚きだ。

また最近、1本150円のスタンダードタイプ以外に、5000円の高級タイプ「ジェットストリーム プライム」も人気だという。「主に購入するのは、ビジネスパーソン。ジェットストリームの書き味はそのままに、営業や大事な契約にも使える高級感あるデザインだと、重宝されているようです」(神崎さん)。

デジタル機器が普及した現在でも、手書きで書類に記入するケースは多く、まだまだ出番があるボールペン。一度味わったら、その書き味がクセになるジェットストリームを試してみてはいかがだろうか?

(杉山大祐/ノオト)

関連記事リンク(外部サイト)


ジェットストリーム


携帯スタンドや製本バインダーに!? ダブルクリップの便利な使い方


お気に入りの手ぬぐいでブックカバーを作ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP