ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戌井昭人氏 「どじょうすくい」の動きの奥深さに圧倒される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 散歩ばかりしているという作家で劇団「鉄割アルバトロスケット」主宰の戌井昭人氏の週刊ポスト連載「なにか落ちてる」より、島根県安来市でならってきた「どじょうすくい」の奥深さについて、体験談を交えてお届けする。

 * * *
 島根県の安来(やすぎ)に行って、どじょうすくいを習ってきました。

 どじょうすくいは、踊りの、どじょうすくいでして、手ぬぐいをほっかむりして、穴の空いた銭に紐をくくりつけ、紐を耳に引っ掛けて銭が鼻の頭にくるようにして、ザルを持って踊るあれです。

 どじょうすくいは、安来節にのって踊ります。安来といえばどじょうすくい、どじょうすくいといえば安来というくらいで、安来には、田んぼの真ん中に立派な安来節演芸館があり、まずは、そこに向かいました。

 安来の港には、北前船がやってきていたので、いろいろ謡(うた)が入ってきて、これらが混じり合い、安来節が完成されていったらしいのです。

 また安来節といっても、ひとつではなく、いろいろな謡があり、その後、誰かが、安来節にのせて踊りはじめたのが、どじょうすくいのはじまりらしく、実際に安来では、どじょうもよく採れたそうです。

 演芸館で、安来節についていろいろ学んだあと、どじょうすくいの名人の家に行きました。名人は、演芸館からすぐのところで、煎餅を焼いて売っていました。この二階に、練習用のステージがあって、ここで踊りを習うことができました。

 まずは名人の踊りを見させてもらったのですが、動きの奥深さに圧倒されました。滑稽なんだけれど、その奥に何かありそうで、やっぱり何もないのかなと思わせる素晴らしさ。

 その後、わたしも衣装を着て習うことになりました。けれども、これが難しくて、腰の使い方が、どうにもうまくいきません。基本の動きで、腰を低くして前後に振りながら歩くというのがあるのですが、名人は、上半身が平行移動しているような感じで無駄な動きがないのです。しかしながら、わたしの場合は、上半身がブレまくってしまうのです。

 この腰の使い方をマスターしたいと深く思いました。その後も、汗まみれになって指導をうけたのですが、やはり自分で納得いくような、腰使い、踊りはできませんでした。

 帰りに、「これで練習してください」と名人から指導DVDをいただきました。あと名人の焼いた瓦煎餅もいただきました。

 家に帰って、瓦煎餅を食べながら、DVDを見て練習しているのですが、やはり腰がうまく動きません。いつの日か、「それでは、ちょっとやりますか」などと言ってどじょうすくいを、さらりと踊れたら、とてもイカしてると思うので、とにかく練習を続けようと思っています。

●いぬい・あきと/1971年東京都生まれ。作家。「鉄割アルバトロスケット」主宰。2008年小説家デビュー。『ひっ』『びんぞろ』『まずいスープ』『どろにやいと』が芥川賞候補に。『すっぽん心中』で川端賞受賞。著作『俳優・亀岡拓次』が映画化。散歩ばかりしている。

※週刊ポスト2016年5月20日号

【関連記事】
野田首相の「どじょう」発言で相田みつを美術館来客3~5割増
バカ売れ『どじょうかりんとう』 次は『どじょうパイ』準備
そっくり土産を検証 『どじょうパイ』『大阪プチバナナ』他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP