体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】水戸エリアのグルメキーワードは「隠れたグルメ王国」! ~名店巡礼 水戸エリア編~

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 水戸エリア編~

今回の巡礼先は「水戸エリア」を選びました。

水戸エリアといえばまず納豆。そして黄門様にまつわる様々なグルメ。近隣の大洗町のアンコウなんかも有名です。

そして意外と知られていませんが、茨城県は首都圏の胃袋を支える一大農業県でもあります。

野菜にフルーツ、畜産もあれば漁業もある。

今回はそんな茨城県の「生産力」に注目して、水戸近郊の食材店が営む、美味しい直営店をリストアップ。

こだわりの5軒が出揃いました。

1軒目:フルーツバスケット 逸品:フルーツパフェ

梅が見ごろを迎えた3月上旬、タベアルキストは常磐道を駆け抜け水戸の地を訪れていました。

黄門様にご挨拶していざ食漫遊の旅へ!

f:id:tabearukist:20160509191130j:plain

水戸市で一番古く、昭和10年創業の銚子屋果物店の2階にある喫茶店、「フルーツバスケット」から今回の巡礼はスタートです!

f:id:tabearukist:20160510092843j:plain

1階の果物店と2階の喫茶店の経営は別々ですが、ご兄弟で営まれており、「フルーツバスケット」では1階の銚子屋果物店から仕入れた鮮度の良いフルーツを使った様々なメニューを楽しむことができます。

f:id:tabearukist:20160510092958j:plainフルーツパフェ 972円

こちらの逸品は、フルーツをたっぷり使った、ずっしりと重いフルーツパフェ。

グラスを受け取った瞬間に密度の高さを感じます。

構成はシンプルで、たっぷりのフルーツと生クリーム、アイスクリームのみという潔さ!

f:id:tabearukist:20160510093303j:plain

シリアルなどでかさ増しせず、底までギッシリ詰まったフルーツがうれしい。

味は旬のフルーツのみずみずしさを全面に押し出す感じで、生クリームもあっさりとした仕上げになっています。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy