ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんな滑り台は滑りたくない!40秒間、全速力で滑る滑り台がロンドンに建設中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こどもの頃に、何度も昇り降りして滑った滑り台。大人になって楽しめる滑り台と言ったら、公園ではなくプールのウォータースライダーくらいですよね?

ですが、大人のみなさんお待たせいたしました!ロンドンに大人のための、世界一怖い滑り台が2016年6月に登場します!

 

クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク

滑り台の建設が予定されているのは、2012年のオリンピック会場で使用された、クイーン・エリザベス・オリンピック・パークの中。

公園の中には、選手村やオリンピックスタジアムなど、オリンピックに使用されたものが今も残されています。

選手村は市民が住むマンションとして使用され、競泳競技用プールは市民が楽しめる公共プールとして今でも利用されており、地域住民と密着しています。

そんな公園内の、滑り台が建設されているのは、高さ115mの展望台「アルセロール・ミタル・オービット」。滑り台は地上76mの高さから造られています。

展望台の上からクルクルと伸びる白い筒が滑り台です。写真を見るだけで怖いですよね。

滑り台の中は、意外に広く圧迫感はありません。

上から見下ろすと、思わず足がすくんでしまいます。長さは、178mと長いのでとってもエキサイティングな滑り台。

All photo by youtube

時速24㎞にも達する滑り台は、下まで40秒で到達する速さです。時速24㎞とは、マラソンランナー並みです。

滑り台意外にも展望台からの絶景や、自然豊かな誰でも楽しめる公園になっています。2016年6月に完成予定なので、是非この機会にロンドンに行ってみてはいかがでしょうか?
■詳細情報
・名称:クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク
・住所:London E20 2ST イギリス
・電話番号:+44 800 072 2110

関連記事リンク(外部サイト)

【毎日通いたい】世界の美しすぎる大学ベスト10
「危険・刺激・自由」即死覚悟のスポーツから見えた絶景とは?
1970年代の冒険家、上温湯隆のサハラ砂漠横断挑戦に胸が熱くなる!
人生に刺激を取り戻せ!レッドブルのアスリートたちが体験したスリル満点のアドベンチャーはこれだ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP