ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

indigo la End、2ndフルアルバム『藍色ミュージック』より「藍色好きさ」MV解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

川谷絵音がフロントマンを務めるロックバンド、indigo la Endが6月8日(水)発売の2ndフルアルバム『藍色ミュージック』の1stリードトラックとなる「藍色好きさ」のMUSIC VIDEOを公開した。

ジャケット写真でも登場しているモデルの「あめ」がMVでも出演し“曖昧な男女の接点”が川谷絵音の演技と、バンドのクールな演奏シーンと共に描かれている。日常生活の中で、直接関わりはなくとも、存在を感じる人が誰にでも居る。その人がもしかしたら運命の人かもしれない・・・。

2つの駅のホームと部屋の舞台的なセットの中で、切なさとエモーショルさが絶妙なバランスで描かれており、少し聞こえる隣人の生活音などのSEで独特な臨場感を感じさせてくれる。

是非、自身の日常生活に置き換えながらご覧いただきたい。

「藍色好きさ」MV
https://youtu.be/6kKAsZG3J1U

【コメント】
■川谷絵音(Vo/Gt)

隣人との何ともいえない関係をロケではなくスタジオでセットを組んで完結させるという荒技でしたが、逆にこれまでにないMVが完成したなという手ごたえを感じています。曲の中に入り込む生活音や電車の音も含めて作品になっています。

インディゴの新しい世界をとくとご覧ください。

■MV出演モデル:あめ

演技初心者でしたが、監督、スタッフさん、メンバーの皆さんの優しさ、温かさのお陰で、素敵な作品となりました。

普通の日常の中に、運命の人が近くにいるかもしれない。すれ違う誰かに勇気付けられているかもしれない。

普段を大切にしたくなるような、素敵な歌です。この作品に関わることが出来たことに、心から感謝しています。

たくさんの方に見ていただけますように。

■MV監督:三石直和

楽曲を聴いて、何でもない夜が、何気なくそばにいてくれる優しさを感じました。そんな、夜の色は藍色で、その佇みがindigo la Endそのものだと感じました。今回、曲の流れに合わせて川谷さんに何度も同じ演技をしてもらったんですが、テイクを重ねても、同じタイミングで演じられるのが、素晴らしかったです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP